コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉行淳之介 よしゆきじゅんのすけ

6件 の用語解説(吉行淳之介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉行淳之介
よしゆきじゅんのすけ

[生]1924.4.13. 岡山
[没]1994.7.26. 東京
小説家。新興芸術派の作家吉行エイスケと美容家あぐりの長男。 1947年東京大学英文科中退。『原色の街』 (1951) ,『谷間』 (52) を経て『驟雨』 (54) で芥川賞を受け,庄野潤三安岡章太郎三浦朱門らとともに「第三の新人」と呼ばれるグループを形成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしゆき‐じゅんのすけ【吉行淳之介】

[1924~1994]小説家。岡山の生まれ。「驟雨」で第31回芥川賞を受賞し、以降「第三の新人」の一人として活躍。他に「闇のなかの祝祭」「砂の上の植物群」「夕暮まで」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉行淳之介【よしゆきじゅんのすけ】

小説家。岡山県生れ。新興芸術派の花形作家吉行エイスケを父にもつ。詩人吉行理恵は妹。東大英文科中退後,大衆娯楽雑誌の記者となる。その間《原色の街》《ある脱出》が芥川賞候補となり,《驟雨》(1954年)で第31回芥川賞受賞。
→関連項目浦山桐郎新思潮野坂昭如安岡章太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉行淳之介 よしゆき-じゅんのすけ

1924-1994 昭和後期-平成時代の小説家。
大正13年4月13日生まれ。吉行エイスケの長男。昭和29年「驟雨(しゅうう)」で芥川賞。「第三の新人」の主流と目される。性を通して人間存在の意味をさぐりつづけ,45年「暗室」で谷崎潤一郎賞,51年「鞄の中身」で読売文学賞,53年「夕暮まで」で野間文芸賞。54年芸術院賞。芸術院会員。平成6年7月26日死去。70歳。岡山県出身。東大中退。作品はほかに「砂の上の植物群」「技巧的生活」など。
【格言など】私は現在でも「ついでに生きている」という気分が,心のどこかにある(「暗室」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

よしゆきじゅんのすけ【吉行淳之介】

1924~1994) 小説家。岡山県生まれ。東大中退。男女の性的関係を通して、人間存在の意味を問う。「原色の街」「砂の上の植物群」「鞄の中身」「夕暮まで」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉行淳之介
よしゆきじゅんのすけ
(1924―1994)

小説家。大正13年4月13日、岡山市生まれ。父エイスケは昭和の初期、新興芸術派の作家として知られた。東京大学英文科中退。同人誌『葦(あし)』『世代』『新思潮』に加わり、『星の降る夜の物語』(1947)ほかの散文詩風の小説を書き出す。幾度か候補にあげられたのち、『驟雨(しゅうう)』(1954)により芥川(あくたがわ)賞受賞。結核の療養中の受賞であった。安岡章太郎、庄野(しょうの)潤三、遠藤周作らとともに「第三の新人」の主流とみられた。ついで長編『原色の街』(1956)では娼婦(しょうふ)の町の女を通じて性愛の世界を活写し、一方、長編『焔(ほのお)の中』(1956)では戦争の時代のなかでの自身の少年期からの体験を通して人間の「関係」を追究した。前者の系列の作品には『娼婦の部屋』(1958)、後者の系列には『風景の中の関係』(1960)が続いた。『砂の上の植物群』(1963)あたりからは倒錯した性への関心が作品化され、『星と月は天の穴』(1966)、『暗室』(1969)がこれに次いだ。評判作であった『夕暮まで』(1965~78)もこの一連にあるとみられる。短編集『不意の出来事』(1965)、『鞄(かばん)の中身』(1974)などからも感性的な文体を介して多彩なイメージが読み取れる。『すれすれ』(1959)ほかの読み物風の作品、『私の文学放浪』(1965)、『生と性』(1971)などのエッセイ類も多く、対談の名手ともいわれる。1981年(昭和56)芸術院会員。なお、詩人・芥川賞作家の吉行理恵、女優の吉行和子はその妹。[保昌正夫]
『『吉行淳之介全集』17巻・別巻3(1983~85・講談社) ▽『吉行淳之介自選作品』全5巻(1975・潮出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉行淳之介の関連キーワード香川登枝緒後藤仁郎小山やす子重田保夫千田夏光匠秀夫東中光雄藤原一生松本作衛山寺秀雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉行淳之介の関連情報