クロロマイセチン

  • Chloromycetin

精選版 日本国語大辞典の解説

(Chloromycetin) 抗生物質の一つ。クロラムフェニコールの商標名。チフス、パラチフスの特効薬。クロマイ。
※東京のお嬢さん(1952)〈北村小松〉人物試験「クロロマイセチンだのオーレオマイシンだの〈略〉という新薬を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のクロロマイセチンの言及

【クロラムフェニコール】より

アメリカのエールリヒJ.Ehrlichによって1947年,南アメリカのベネズエラの土壌中から分離された放線菌の1種Streptomyces venezuelaeを培養して得られた抗生物質。はじめクロロマイセチンと命名されたが,48年クロラムフェニコールとなった。中性物質で,無色針状または板状結晶として得られ,苦味がある。…

※「クロロマイセチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android