北村小松(読み)きたむら こまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北村小松 きたむら-こまつ

1901-1964 大正-昭和時代の脚本家。
明治34年1月4日生まれ。小山内薫(おさない-かおる)に師事し,戯曲「人物のゐる街の風景」「猿から貰つた柿の種」を発表。松竹蒲田撮影所にはいり,「マダムと女房」(昭和6年)などおおくの現代風俗映画のシナリオを手がけた。昭和39年4月27日死去。63歳。青森県出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例