コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロロー Krolow, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロロー
Krolow, Karl

[生]1915.3.11. ハノーバー
[没]1999.6.21. ダルムシュタット
ドイツの詩人。現代の代表的詩人の1人。 1935~41年ゲッティンゲン大学およびブレスラウ大学で学ぶ。 43年『めでたき生活』 Hochgelobtes,gutes Leben,49年『地上にて』 Auf Erdenなどの詩集を発表した。 56年,ドイツの代表的な文学賞であるブフナー賞を受賞。リルケトラークルの影響を受け,シュルレアリスムの手法にも学び,『見えない手』 Unsichtbare Hände (62) ,『時のうつろい』 Zeit vergehen (72) ,『零と無限の間』 Zwischen Null und Unendlich (82) などを著わした。また,『もう一つの人生』 Das andere Leben (1979) ,『メラニー』 Melanie (83) などの散文もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クロローの関連キーワードユヌス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロローの関連情報