クンツァイト(英語表記)kunzite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンツァイト
kunzite

ピンクまたはライラック色を呈する透明なリチア (ヨウ) 輝石 LiAl(SiO3)2 の一種の宝石名。硬度6~7,比重 3.18,屈折率 1.66~1.69。 20世紀初頭,カリフォルニアのサンディエゴ近くで発見され,アメリカの鉱物学者で宝石の権威 F.クンツ (1856~1932) にちなんで命名された。主産地はアメリカ,マダガスカルブラジル

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クンツァイト【kunzite】

宝石の一種で,スポデューメンspodumene(リチア輝石LiAl(Si2O6))のうち,美しいライラック・ピンク色を示すものをいう。名はアメリカの宝石学者クンツG.F.Kunzにちなむもので,緑色石はヒデナイトhiddenite,黄色石はイェロー・スポデューメンと呼ばれる。アメリカ(カリフォルニア州),ブラジル,パキスタンに美石を産する。【近山 晶】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android