コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クンツァイト kunzite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クンツァイト
kunzite

ピンクまたはライラック色を呈する透明なリチア (ヨウ) 輝石 LiAl(SiO3)2 の一種の宝石名。硬度6~7,比重 3.18,屈折率 1.66~1.69。 20世紀初頭,カリフォルニアのサンディエゴ近くで発見され,アメリカの鉱物学者で宝石の権威 F.クンツ (1856~1932) にちなんで命名された。主産地はアメリカ,マダガスカルブラジル

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クンツァイト【kunzite】

宝石の一種で,スポデューメンspodumene(リチア輝石LiAl(Si2O6))のうち,美しいライラック・ピンク色を示すものをいう。名はアメリカの宝石学者クンツG.F.Kunzにちなむもので,緑色石はヒデナイトhiddenite,黄色石はイェロー・スポデューメンと呼ばれる。アメリカ(カリフォルニア州),ブラジル,パキスタンに美石を産する。【近山 晶】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クンツァイト
くんつぁいと
kunzite

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クンツァイトの関連キーワードダークマーキュリー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android