クーチョー(胡弓)(読み)クーチョー

百科事典マイペディア「クーチョー(胡弓)」の解説

クーチョー(胡弓)【クーチョー】

沖縄の長い棹をもつリュート属擦弦楽器。古くは3弦,現在では4弦のものもあり,馬の尻尾を張ったで奏する。古くは椰子を半分にした(現在ではなどで作る)にヘビの皮が張ってある。古典音楽で三線などとの合奏に用いられる。本土胡弓の祖型ともいわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android