コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーティネー川 クーティネーがわKootenay River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーティネー川
クーティネーがわ
Kootenay River

北アメリカ西部を流れる川。全長約 655km。カナダアルバータ州に源を発し,ロッキー山系中の大縦谷を南下して,合衆国のモンタナ州に入り,再び北上してカナダのブリティシュコロンビア州のクーティネー湖に流入する。ここからコロンビア川に接続。流量は季節によって変化が著しい。クーティネー湖とコロンビア川の間には 20世紀初めからダム建設が進み,ブリティシュコロンビア州トレイルの金属精錬所に電力を供給している。 1807年イギリス人の毛皮商 D.トンプソンらが探検して,water peopleを意味する先住民族インディアンの言葉にちなんで命名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クーティネー川の関連キーワード飛鳥皇極天皇オスウィペンダマルチヌス1世労働審判佐賀県主催公開討論会でのやらせプルサーマル討論会のやらせ問題斉明天皇移動図書館

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android