クーベリック(読み)くーべりっく(英語表記)Rafael Kubelík

日本大百科全書(ニッポニカ)「クーベリック」の解説

クーベリック
くーべりっく
Rafael Kubelík
(1914―1996)

チェコの指揮者。父は著名なバイオリン奏者で作曲家のヤン・クーベリック(1880―1940)。プラハ音楽院を卒業、1934年チェコ・フィルハーモニーを指揮してデビュー、48年までチェコで活躍した。同年ロンドンに客演し、西欧での評価を高め、50~53年シカゴ交響楽団、55~58年ロンドンのコベント・ガーデン王立歌劇場音楽監督を経て、61~79年までミュンヘンバイエルン放送交響楽団の常任指揮者を務めた。65年(昭和40)この楽団と初来日。86年に重傷を負い指揮活動から離れていたが、チェコ民主化後の90年「プラハの春」音楽祭に、チェコ・フィルを指揮して42年ぶりに祖国での復帰公演を果たした。91年チェコ・フィルを率いて来日公演。レパートリーは広く、華美を避けた情感豊かな演奏を得意とした。交響曲をはじめ、かなりの作品も作曲している。

[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android