クーラ・カンリ[山](英語表記)Kula Kangri

  • クーラ・カンリ

世界大百科事典 第2版の解説

ブータン王国の北部を占めるブータンヒマラヤ最高峰。標高7554m。〈天帝〉という。別名キュンラ・カーリKünla Khari。1905‐08年に4度入国したイギリスのJ.C.ホワイトは,この山を遠望したが,測量され地図上に示されたのは22年である。58年に探検した中尾佐助は,この山がチベット領であることを確認した。63,65年,A.ガンサーらは山群の踏査をした。主峰のほかに,II峰7540m,III峰7531m,IV峰7516mがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android