コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーラ・カンリ[山] Kula Kangri

世界大百科事典 第2版の解説

クーラ・カンリ[山]【Kula Kangri】

ブータン王国の北部を占めるブータン・ヒマラヤの最高峰。標高7554m。〈天帝の峰〉という意。別名キュンラ・カーリKünla Khari。1905‐08年に4度入国したイギリスのJ.C.ホワイトは,この山を遠望したが,測量され地図上に示されたのは22年である。58年に探検した中尾佐助は,この山がチベット領であることを確認した。63,65年,A.ガンサーらは山群の踏査をした。主峰のほかに,II峰7540m,III峰7531m,IV峰7516mがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クーラ・カンリ[山]の関連キーワードブータン王国ブータン