コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーリング・オフ制度 くーりんぐおふ

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

クーリング・オフ制度

消費者が、ある商品やサービスの購入契約を行った場合、一定期間以内ならば、無条件で契約の取消・撤回が認められる制度。クーリング・オフとは英語で「頭を冷やす」という意味で、契約者に、もう一度冷静になって考え直す機会を与えることをいう。割賦販売訪問販売、保険の契約、先物取引などに導入されている。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

保険基礎用語集の解説

クーリング・オフ制度

契約の申込み後一定期間内に一定の手続きを取れば、申込者が無条件で申込みを撤回できるとする制度です。生保の場合は第1回保険料を支払った日から起算して8日以内に書面で通知すれば保険料が返還されます。ただし、医師の診査を受けたあとは適用されません。損保の場合は、クーリング、オフ制度の説明を受けた日または申込日のいずれか遅い日から起算して8日以内とされています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

クーリング・オフ制度の関連キーワード冠婚葬祭互助会特定商取引法消費者契約法申込み・承諾押し買い保険契約外交販売消費者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クーリング・オフ制度の関連情報