コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーリング・オフ制度 くーりんぐおふ

2件 の用語解説(クーリング・オフ制度の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

クーリング・オフ制度

消費者が、ある商品やサービスの購入契約を行った場合、一定期間以内ならば、無条件で契約の取消・撤回が認められる制度。クーリング・オフとは英語で「頭を冷やす」という意味で、契約者に、もう一度冷静になって考え直す機会を与えることをいう。割賦販売訪問販売、保険の契約、先物取引などに導入されている。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

クーリング・オフ制度

契約の申込み後一定期間内に一定の手続きを取れば、申込者が無条件で申込みを撤回できるとする制度です。生保の場合は第1回保険料を支払った日から起算して8日以内に書面で通知すれば保険料が返還されます。ただし、医師の診査を受けたあとは適用されません。損保の場合は、クーリング、オフ制度の説明を受けた日または申込日のいずれか遅い日から起算して8日以内とされています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クーリング・オフ制度の関連キーワード消費者物価指数貨幣価値グリーン購入消費者価格ワイヤサービスCPI(Consumer price index)消費者物価指数(CPI:consumer price index)トレード・ショー比較購買ローン販売

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クーリング・オフ制度の関連情報