コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クールノ=ナッシュ均衡 クールノ=ナッシュきんこうCournot-Nash equilibrium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クールノ=ナッシュ均衡
クールノ=ナッシュきんこう
Cournot-Nash equilibrium

A.クールノが展開した複占下における均衡の理論で,のちに J.ナッシュによって一般化された。ある財の供給者が2人いる場合に,売手Aは売手Bの供給量を所与のものとして,その財に対する需要関数のもとで利潤を最大化する自己の供給量を決定する。同様に売手Bも売手Aの供給量から自己の利潤を最大化する供給量を決定する。このとき,それぞれの水準において相手の供給量が与えられたときの最適な自己の供給量を対応させる反応曲線が決る。この2本の反応曲線の交点は,両方にとって最適な戦略をもたらす均衡状態となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クールノ=ナッシュ均衡の関連キーワード富の理論の数学的原理に関する研究ゲームの理論ハルサヌイ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android