グッドマン(Benny Goodman)(読み)ぐっどまん(英語表記)Benny Goodman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グッドマン(Benny Goodman)
ぐっどまん
Benny Goodman
(1909―1986)

アメリカのクラリネット奏者。本名ベンジャミン・デビッド・グッドマン。貧しいユダヤ人の仕立屋の息子としてシカゴに生まれる。12歳でプロ活動を始め、1926年ベン・ポラック楽団に参加して注目された。34年に自身の楽団を結成し、ピアニスト兼作・編曲家フレッチャー・ヘンダーソンFletcher Henderson(1897―1952)の名編曲による明快な楽しい演奏で翌35年に爆発的な人気を得、スウィング・ジャズ大流行の口火を切り、スウィング王と称された。楽団にピアノ奏者テディ・ウィルソンTeddy Wilson(1912―86)ら黒人も加えて人種差別の壁を破った功績も大きい。また若いころからクラシック音楽にも関心をもち、バルトークコープランドの作品の初演を行うなど、この面でも世界的名声を得ている。

[青木 

『ブルース・クロウサー著、大島正嗣訳『ベニー・グッドマン』(1989・音楽之友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android