コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトーク バルトーク Bartók Béla

7件 の用語解説(バルトークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルトーク
バルトーク
Bartók Béla

[生]1881.3.25. ナジュセントミクローシュ
[没]1945.9.26. ニューヨーク
ハンガリーの作曲家。5歳から母にピアノの手ほどきを受け,18歳でブダペストの王立音楽院に入学,ハンスケスラーに師事。長年コダーイ・ゾルタンと協力し,マジャールの古民謡を採集,研究し,また自身の創作活動の基礎とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バルトーク(Bartók Béla)

[1881~1945]ハンガリーの作曲家。マジャール古民謡を収集し、独自の音楽技法を開拓。作品に6曲の「弦楽四重奏曲」「弦楽器打楽器チェレスタのための音楽」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バルトーク

ハンガリーの作曲家。ハンガリー南部のナジュセントミクローシュ(現ルーマニア領スインニコラウ・マーレ)に生まれ,ブダペスト王立音楽アカデミーに学ぶ。1903年R.シュトラウスの影響下に,ハンガリー独立戦争(1848年)の指導者を題材にした交響詩《コッシュート》を作曲。
→関連項目青髯伝説クーセビツキーサイド・ドラムシェリングシゲティ弱音器シャコンヌダルシマーディベルティメントトゥビンドラティバイエル・ピアノ教則本ハンガリー弦楽四重奏団ピチカートリゲティルトスワフスキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

バルトーク

1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バルトーク【Bartók Béla】

1881‐1945
ハンガリーの作曲家。現代における民族主義の代表的作曲家として知られる。農民の中に伝承される民謡を創造のよりどころにすると同時に,現代の音楽語法と結びつけることによって現代的ハンガリー音楽を確立した。また精緻な民謡研究でも知られる。 6歳で母親からピアノの手ほどきを受けたが,すぐに音楽的な才能を現し,11歳のときには公衆の面前で自作のピアノ曲《ドナウ川の流れ》を演奏している。1899年,ブダペスト王立音楽アカデミーに入学,ピアノをリストの弟子トマーンに,作曲をケスラーに師事した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バルトーク【Bartók Béla】

1881~1945) ハンガリーの作曲家。コダーイらと民謡を採譜録音し、これを音楽創造の基礎に据え、印象派的技法や十二音技法を取り入れて民族性と融合した独自の作風を築いた。ナチズムを逃れてアメリカに亡命中死去。作品「弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽」「弦楽四重奏曲」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルトーク
ばるとーく
Bartk Bla
(1881―1945)

ハンガリーの作曲家、民族音楽学者、ピアノ奏者。ハンガリーとその周辺諸国の民謡を収集・研究し、民謡研究の成果と西欧芸術音楽の伝統、20世紀初頭の新技法を融合した独特の作風を確立。20世紀前半を代表する作曲家となっている。[益山典子]

生涯

3月25日ナジセントミクローシュ(現ルーマニア領)に生まれる。父は農業学校の校長で熱心なアマチュア音楽家だったが、1888年33歳の若さで病死。以後一家は転々と居を移し、ピアノの巧みな母が音楽教師をして生活を支えた。幼少時より楽才を示したバルトークは、11歳で自作のピアノ小品やベートーベンのソナタを公開演奏会で弾くまでになった。98年ウィーン音楽院の入学許可を得たが、4歳年長の友人ドホナーニの勧めに従い、1899~1903年ブダペスト音楽院に学ぶ。在学中ハンス・ケスラーHans Kssler(1853―1926)に作曲、トマーン・イシュトバーンThoman Istvan(1862―1940)にピアノを師事。優秀なピアニストと評価される一方、作曲面ではR・シュトラウスに心酔しながら、自己の音楽を求めて模索を続けた。卒業の年、民族独立運動の高まりに刺激を受けて、ハンガリーの国民的英雄の生涯を題材にした交響詩『コシュート』を書き、大成功を博した。05年にはパリのルビンシテイン・コンクールに参加したが、ピアノ部門ではバックハウスに次ぐ第2位にとどまり、作曲部門でも入賞を逸した。
 一方、同じ1905年、終生変わらぬ友情を抱き合ったコダーイに啓発され、共同でハンガリー農民音楽の収集研究を始める。以後第一次世界大戦で調査活動が不可能になるまで、ハンガリー国内をはじめ近隣のルーマニア、スロバキアや北アフリカを回り、民謡採集を続けた。1907年母校のピアノ教授に任命され、30年近くその職にあるかたわら、欧米各地に演奏旅行を行う。11年コダーイらと新ハンガリー音楽協会を設立し、若い作曲家たちの作品発表の場を確保しようとしたが失敗、同年作曲のオペラ『青ひげ公の城』も受け入れられず、民謡研究と『ルーマニア民俗舞曲』(1915)など民謡に基づくピアノ曲の作曲に没頭した。17年バレエ『かかし王子』が成功裡(り)に初演され、また国外での名声の高まりによってハンガリーでの立場も好転し、23年、ブダペスト併合50年祭のために委嘱を受けて『舞踏組曲』を作曲。その後一時筆を休めて熟考したのち、26年のピアノ・ソナタやピアノ協奏曲第1番を皮切りに創作の絶頂期を迎え、弦楽四重奏曲第5番(1934)、『弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽』(1936)、『2台のピアノと打楽器のためのソナタ』(1937)、バイオリン協奏曲第2番(1937~38)など傑作を次々に生み出した。
 1939年、ナチズム支配の政治状勢に絶望、弦楽四重奏曲第6番を決別の歌として書き上げたのち、翌年10月アメリカに亡命。初め自作への無理解と病気のため悲惨な生活を送ったが、43年指揮者のクーセビツキー依頼の『管弦楽のための協奏曲』を書いて創作意欲を回復した。しかしこれもつかのまで、ピアノ協奏曲第3番とビオラ協奏曲を未完に残したまま、45年9月26日ニューヨークで白血病のため没した。[益山典子]

作品の特徴

バルトークは、当初、民族運動の音楽面での実践として政治的関心から民謡に向かったが、やがて民謡のもつ生命力に目覚め、その音組織やリズムなどの構成要素を抽出して自己の音楽語法の基礎に据えた。1930年代円熟期の諸作品においては、こうして獲得された独特の語法と、西欧伝統音楽の論理的形式感が統合され、さらにきわめて個性的な均衡感覚が加わって、精緻(せいち)で緊張に満ちた音楽がつくりあげられている。作風は、(1)ブラームス、リスト、ワーグナー、ついでR・シュトラウスから影響を受けた後期ロマン派様式をみせる習作期、(2)民謡と同時期に知った印象主義音楽とにより自己の活路をみいだし、さらにシェーンベルクらの当時最先端の技法を取り入れて、荒削りで不協和な響きを前面に出した初期、(3)民謡研究の成果と同時代の音楽からの影響を融合させ、独自の語法を確立した中期、(4)渡米後の平明な新古典主義的傾向が著しい後期、としだいに変化していった。作品には、舞台作品3曲、協奏曲を含む管弦楽曲多数、『ミクロコスモス』(1926~39)など教育用作品を含む多くのピアノ曲、20世紀の最高傑作に数えられている六つの弦楽四重奏曲などの室内楽曲、ほかに独唱や合唱のための民謡編曲がある。また民族音楽研究の先駆者としても業績が高く評価されており、民謡に関する著作を多数残している。[益山典子]
『羽仁協子訳・編『ある芸術家の人間像――バルトークの手紙と記録』(1970・冨山房) ▽岩城肇訳『バルトーク音楽論集』(1992・御茶の水書房) ▽H・スティーヴンス著、志田勝次郎・宇山直亮他訳『バルトークの音楽と生涯』(1961・紀伊國屋書店) ▽E・レンドヴァイ著、谷本一之訳『バルトークの作曲技法』(1978・全音楽譜出版社) ▽F・ボーニシュ編著、出川沙美雄訳『写真と資料でみる――バルトークの生涯』(1981・国際文化出版社) ▽セーケイ・ユーリア著、羽仁協子・大熊進子訳『バルトーク物語』(1992・音楽之友社) ▽ポール・グリフィス著、和田旦訳『バルトーク――生涯と作品』改訂新版(1996・泰流社) ▽ヤーノシュ・カールパーティ著、江原望・伊東信宏訳『バルトークの室内楽曲』(1998・法政大学出版局) ▽アガサ・ファセット著、野水瑞穂訳『バルトーク晩年の悲劇』(2000・みすず書房) ▽伊東信宏著『バルトーク――民謡を「発見」した辺境の作曲家』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバルトークの言及

【現代音楽】より

…【船山 隆】。。…

【室内管弦楽団】より

…小人数の奏者から成る演奏団体。〈管弦〉と訳されるが,実体は弦楽器のみの編成,弦楽器にチェンバロを加えた程度の編成の団体も多い。人数は一定しないが,弦楽器のみの場合の十数名から,管楽器を含む場合でも二十数名程度の団体が一般的である。バロック時代から,古典派初期までは,ほとんどこの程度の編成の団体がオーケストラと呼ばれていた。19世紀に入ってオーケストラはしだいに大型化し,19世紀末には巨大なものとなったが,20世紀に入ってから一種の反動として室内管弦楽団が復活した。…

【バイオリン】より

…【片山 千佳子】。。…

【ハンガリー】より

…【家田 修】。。…

【ミクロコスモス】より

…【船山 隆】。。…

※「バルトーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バルトークの関連キーワードライタコダーイハンガリー狂詩曲ハンガリー幻想曲ハンガリー舞曲集クルターグコダイカドーシャシャーリホローシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バルトークの関連情報