グナ(英語表記)guṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グナ
guṇa

サンスクリット語で性質の意。インド哲学,文学,政治などにおいて種々の意味を有して論議される術語バイシェーシカ学派では,現象界の諸事物の構成を明らかにする6原理の一つ,すなわち「性質」として立て,17種を数え上げる。のちには 24種を数える。サーンキヤ学派では,根本質料因の3構成要素をこの名で呼び,ベーダーンタ学派では,ブラフマンにそなわる属性の意で用いる。政治上では,外国支配について国王の用いる6種の方策を意味する。また修辞学においては,文章上の 10種の美点をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のグナの言及

【功徳】より

…仏教用語。サンスクリットのグナguṇaの訳。善い行為には,すぐれた結果を招く力が徳としてそなわっていることをいう。…

※「グナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android