グメーリン(読み)ぐめーりん(英語表記)Leopold Gmelin

  • 1788―1853

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツの化学者。ゲッティンゲンに生まれる。生地の大学で1812年学位を取得、翌1813年ハイデルベルク大学で教え、1817年に化学教授となった。彼の業績には赤血塩(グメリン塩)、胆汁色素の検出法(グメリンのテスト)の発見、胃や膵臓(すいぞう)の消化液の研究のほか、ラセミ酸、エステル、ケトンなどの名称も彼の提出にかかる(1848)が、最大の業績は無機化学のハンドブックGmelins Handbuch der anorganischen Chemieの出版である。研究上比類をみない最大至便な宝典である。初版は1817年、新4版から拡大し、現在の8版は第一次世界大戦後からドイツ化学会が世界中の文献を集めて編集している。近年は英語のものもドイツから出版されている。なお、グメーリン一族は有名な化学者を輩出せしめた名門で、彼はその頂点に位する。[都築洋次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android