コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆汁色素 タンジュウシキソ

百科事典マイペディアの解説

胆汁色素【たんじゅうしきそ】

胆汁の主要成分の一つ。ヘモグロビンの分解産物で,おもにビリルビン(赤褐色)とビリベルジン(青緑色)からなる。一般に草食動物は後者,肉食動物は前者が多い。ヒトの胆汁はほとんどビリルビンのみである。
→関連項目胎便大便緑便

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

胆汁色素

 ヘモグロビンのヘムが分解されて生成する色素で,胆汁内へと排泄され,胆汁色素とよばれる.最終的には便の色となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たんじゅうしきそ【胆汁色素 bile pigment】

動物の胆汁(胆液)の主成分の一つで,4個のピロール環が3個の炭素原子を介して結合したテトラピロール構造を主体とし,両端に2個の水酸基をもつテトラピラン誘導体の総称。その大部分が赤褐色のビリルビン(胆赤素)と青緑色のビリベルジン(胆緑素)(図1)であり,両成分の量比と濃度の違いによって,胆汁の色が変わる。ヒトの胆汁はほとんど胆赤素から成り,通常赤褐色を呈するが,肉食動物と草食動物はそれぞれ胆赤素と胆緑素が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たんじゅうしきそ【胆汁色素】

動物の胆汁中に含まれる赤黄色のビリルビン、緑色のビリベルジンなどの有色物質。ヒトではほとんど前者のみ。ヘモグロビンの分解産物。胆汁色素が何らかの原因で血液中に多量に現れると黄疸おうだんとなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆汁色素
たんじゅうしきそ

ビリルビン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の胆汁色素の言及

【黄疸】より

…胆汁色素(ビリルビン)が血液および組織中に増加した状態を意味し,臨床的には血清,皮膚,粘膜が黄色に染まる状態をいう。jaundice,icterus(ラテン語由来)はもともと黄色を意味する言葉であったが,現在は黄疸を指す言葉として用いられている。…

【胆汁】より


[成分]
 胆汁中には有機,無機の物質が含まれているが,肝胆汁の95%以上は水分である。有機物が多く,そのおもなものは胆汁酸,リン脂質(レシチンが大部分),コレステロール胆汁色素(大部分がビリルビン)などである。胆汁の褐色調は胆汁色素による。…

【ビリルビン】より

胆汁色素の主成分で,赤褐色を呈するので,胆赤素とも呼ばれ,生体中ではビリベルジンの還元によって生成される。血清の淡黄色は主としてこの物質の存在による。…

※「胆汁色素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胆汁色素の関連キーワードフィッシャー(Hans Fischer)ウロビリノーゲンアミノレブリン酸ステルコビリン血清アルブミンフィコシアニン黄疸の原因ウロビリングメーリンホイップルアショフ山岡憲二代謝産物試験紙沈着症回虫黄疸胆石卵殻

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android