コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グライアイ グライアイ Graiai

3件 の用語解説(グライアイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グライアイ
グライアイ
Graiai

ギリシア神話の女怪。海ポントスと大地ガイア交わりから生れたフォルキュスが,姉妹のケトと結婚してもうけた3人姉妹で,エニュオ,ペンフレド,ディオと呼ばれ,生れながらの白髪の老婆で,3人でたった1つの目と歯をもち,交代でそれを使って暮していたとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グライアイ

ギリシア神話の女怪。3姉妹で,ゴルゴンたちのすみかを守る。生まれながらの老婆で,3人が一つの目と1本の歯を共有し,西の果ての国に住んでいた。ペルセウスメドゥーサ退治に登場する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グライアイ
ぐらいあい
Graiai

ギリシア神話の老女神。パムフレド、エニオ、デイノの3人をさす。海神フォルキスとケトの子で、ゴルゴンたちの姉妹。その名「老婆たち」のとおり老年を擬人化したもので、誕生時からすでに髪が白く、一つの目と一つの歯を3人で共有する。ペルセウスはゴルゴン退治の際、アテネとヘルメス神に導かれてこの3女神のもとへ至り、その目と歯を奪取する。そして返却を条件に、ゴルゴン退治に必要な翼付きのサンダルと、キビシスという袋の持ち主であるニンフたちのいる所へ通ずる道筋を聞き出した。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグライアイの言及

【ゴルゴン】より

…このうち前2者には特別の神話がないため,ゴルゴンといえばただちにメドゥーサを指すことが多い。彼女たちは無数の蛇から成る頭髪,猪のきばのごとき歯,見る者を石に化す目をもつ恐るべき存在で,はるかな西方,ヘスペリデスの園の近くとされるそのすみかは,彼女たちの年上の3姉妹,生まれながらの老女で,しかも3人で一眼一歯を共有するグライアイGraiaiによって守られていた。このため,ゴルゴンの首を取ってくることを命じられた英雄ペルセウスは,まずグライアイから目を奪ってゴルゴンたちのすみかへの道を聞き出したあと,その目を直視して石化させられないように,鏡に映る姿をたよりに睡眠中の彼女たちに近づき,3姉妹のうちでただひとり不死身ではなかったメドゥーサの首を切り落とした。…

【ペルセウス】より

…その後,ダナエに恋したポリュデクテスは成人したペルセウスを亡きものにしようと考え,見る者を石に化す女怪ゴルゴンの首を取ってくるようにと彼に命じた。しかし彼はヘルメスとアテナの2神に導かれて,まずゴルゴン三姉妹の姉で,3人で1眼1歯を共有するグライアイのところへ行き,その眼を奪ってゴルゴンの居場所を聞き出すとともに,空を飛ぶサンダル,姿の見えなくなる帽子などを入手,ついで空を飛んではるかな西方のゴルゴンのすみかに赴き,三姉妹のうちただひとり不死身ではなかったメドゥーサの首を,青銅の盾に映る姿を見ながら,切り取った。帰途,海の怪物の餌食にされようとしていたエチオピア王女アンドロメダを救って妻としてから,セリフォス島に戻り,メドゥーサの首を見せてポリュデクテスを石にした。…

※「グライアイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グライアイの関連キーワードエイレイテュイアディアナヒュギエイアボレアスギリシャ神話地母神スポンデ《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グライアイの関連情報