グラウビュンデン(読み)ぐらうびゅんでん(英語表記)Graubünden

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラウビュンデン
ぐらうびゅんでん
Graubnden

スイス最南東部にある州。面積7105平方キロメートルは同国最大。人口18万5700(2001)。州都クール。公用語はドイツ語、レト・ロマン語、イタリア語の三つで、常用語とする住民はそれぞれ60%、30%、10%である。東部アルプスと西部アルプスが複雑に入り組んだ山岳州で、ここに降った雨雪はライン、ドナウ、アッダ、アディジェ、ティチーノの各河川により排水される。グラウビュンデンはスイスの縮図といってよく、「150の谷をもつ州」の異名をもつほど、地形的隔絶性のため谷ごとの独立性が保たれてきた。州内の最低部は275メートル、最高部はベルニーナ・アルプスの高峰ピッツ・ベルニーナ山の4049メートルである。スイス最高所の常住集落ユーフ(2126メートル)は後ライン川の支谷アーフェルスにある。
 この地方は古くからアルプス越えの要地にあたり、ユリア峠(2284メートル)、ゼプティマー峠(2310メートル)、マローヤ峠(1815メートル)、ベルニーナ峠(2323メートル)、オーフェン峠(2149メートル)、オーバーアルプ峠(2044メートル)などの有名な峠がある。しかし、19世紀から20世紀にかけての山岳鉄道の開通が峠道の通過交通の衰退を招き、それが農業の集約化を促した。そのため、観光業の発達とともに酪農が中心的な産業となっている。州内に、ウィンタースポーツで世界的に有名なサン・モリッツ、ダボス、アローザなどの町がある。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android