コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラスコーボ文化 グラスコーボぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

グラスコーボぶんか【グラスコーボ文化】

ロシア,沿バイカル地方の青銅器時代初期の文化。アンガラ川の支流イルクート川の河口,イルクーツク市郊外グラスコーボGlazkovo入江で最初に発見された墓から文化名が名づけられた。1887年に,ビトコフスキーN.I.Vitkovskiiによって初めて発掘が開始され,その後,調査はオフチンニコフM.P.Ovchinnikovによって続けられ,1934‐39年にはA.P.オクラドニコフによる調査が行われ,この文化は前1800‐前1300年と年代づけられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

グラスコーボ文化の関連キーワードセロボ文化

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android