コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラス・ハーモニカ glass harmonica

1件 の用語解説(グラス・ハーモニカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グラス・ハーモニカ【glass harmonica】

ガラスのコップや水盤などの縁を濡れた指でこすって発音させる楽器の一種。B.フランクリンが1761年,水盤を並べてペダルで回す機構を考案し,実用化したものが代表的。透き通る甘い音色で,18世紀後半から19世紀初頭の西欧で流行した。摩擦音により神経障害を起こすので,鍵盤式,パット,弓などでこする改良があったが廃れた。作品としては,この楽器のために書いたモーツァルトの《アダージオ》K.617a(1791),ベートーベンの演劇用の《レオノーレ・プロハスカ》(1815)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グラス・ハーモニカの関連キーワード縁を結ぶ烏の濡れ羽色義絶口を濡らす消しガラス枕を濡らすカップ酒グラスハーモニカネップヤーン睫を濡らす

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラス・ハーモニカの関連情報