コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラス・ハーモニカ glass harmonica

世界大百科事典 第2版の解説

グラス・ハーモニカ【glass harmonica】

ガラスのコップや水盤などの縁を濡れた指でこすって発音させる楽器の一種。B.フランクリンが1761年,水盤を並べてペダルで回す機構を考案し,実用化したものが代表的。透き通る甘い音色で,18世紀後半から19世紀初頭の西欧で流行した。摩擦音により神経障害を起こすので,鍵盤式,パット,弓などでこする改良があったが廃れた。作品としては,この楽器のために書いたモーツァルトの《アダージオ》K.617a(1791),ベートーベンの演劇用の《レオノーレ・プロハスカ》(1815)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラス・ハーモニカの関連キーワードブルーノ ホフマンハーモニカ体鳴楽器打楽器

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android