コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホフマン ホフマン Hoffmann, Ernst Theodor Amadeus

30件 の用語解説(ホフマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Ernst Theodor Amadeus

[生]1776.1.24. ケーニヒスベルク
[没]1822.6.25. ベルリン
ドイツの小説家,作曲家,音楽評論家,画家,法律家。モーツァルトへの傾倒から本名 Wilhelmを Amadeusと改めた。ケーニヒスベルク大学で法律を学んだのち,上級裁判所判事,音楽家などとして暮しを立てながら文学活動に入り,傑作『黄金のつぼ』 Der goldne Topfを含む短編集『カロー風の幻想画集』 Phantasiestücke in Callots Manier (4巻,1814~15) で一挙に文名を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Friedrich

[生]1660.2.19. ハレ
[没]1742.11.12. ハレ
ドイツの医学者。 17世紀末~18世紀前半に活躍したいわゆる医学の体系学派の一人で,医物理学派医化学派の思潮をともにふまえたうえに G.ライプニッツの唯心論を加味して生命や病気の解釈に折衷派の体系を立てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Hermann

[生]1864
[没]1937
ドイツ生れのイエズス会士。日本にカトリック大学を創立するため来日。 1913年上智学院を設立,28年旧制の上智大学に昇格して以来,37年まで初代学長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Johann Joseph

[生]1805.2.16.
[没]1878.1.23.
ドイツの日本学者。 1830年 P.シーボルトに会い,その助手として日本の研究に従事。オランダ東インド会社書記を経て,35年にはライデン大学日本講座担当教授となり,シーボルトとともに,『ニッポン』 Nippon (1832~54) を公刊するなど,ヨーロッパ日本研究の基礎を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Josef

[生]1870.12.15. ピルニッツ
[没]1956.5.7. ウィーン
オーストリアの建築家。ウィーン美術学校で O.ワーグナーに学び,最も信頼される弟子となる。ワーグナー合理主義的な設計に影響を受けるが,装飾を軽視せず,優雅で洗練された作風が特徴。 1897年ウィーン・ゼツェッシオン創立に参加,アーツ・アンド・クラフツ運動の影響を受け,1903年ウィーン工房 (1933閉鎖) を設立,以後 30年間活発な建築活動を展開。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Stanley Harry

[生]1928.11.27. ウィーン
アメリカの政治学者。 1952年ハーバード大学で修士号,53年パリ大学で博士号を得た。 60年アメリカ国籍を取得。その後ハーバード大学国際問題研究所所員,同大学政治学教授。研究分野は国際政治学,国際法,政治学,フランス思想史,歴史社会学など広範で,アメリカ,フランスの政治,外交に関する著書,論文も多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Theodor Eduard

[生]1837
[没]?
ドイツの軍医。ブレスラウおよびベルリンの軍医学校に学び,明治4 (1871) 8月 L.ミュラーとともに東校の教師として来日。内科学を担当した。 1874年任期終了後宮内省お雇いとなって 75年秋に帰国した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffman, Dustin

[生]1937.8.8. カリフォルニアロサンゼルス
アメリカ合衆国の俳優。サンタモニカ・シティーカレッジで音楽を専攻したが,19歳で中退して俳優の道に入った。ニューヨークに移り住み,職を転々としながら下積み生活を送る。数年後,ようやくテレビドラマの端役やオフ・ブロードウェーの主役を演じるようになり,オビー賞を 1回受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Jules

[生]1941.8.2. ルクセンブルクエヒテルナハ
フランスの生理学者。ルクセンブルクの中等学校に学んだのち,フランスのストラスブール大学で生物学と化学を学び,1969年に同大学で生物学の博士号を取得。長くフランス国立科学研究センター CNRSに務め,1993年から 2005年まで同センター分子細胞生物学研究所の所長を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffman, Philip Seymour

[生]1967.7.23. ニューヨーク,フェアポート
アメリカ合衆国の俳優。ニューヨーク大学ティッシュ芸術校で演技を学び,舞台の仕事についた。映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』Scent of a Woman(1992)で注目を集める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホフマン
ホフマン
Hoffmann, Roald

[生]1937.7.18. ズロクゾウ
ポーランド生れのアメリカの化学者。 1949年,家族とアメリカに移住しコロンビア大学を卒業 (1949) ,ハーバード大学で博士号を取得し (62) ,65年コーネル大学に転じた。同年 R.B.ウッドワードとの共同研究で,ウッドワード=ホフマン則を提唱。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホフマン(Albert Hofmann)

[1906~2008]スイスの化学者。幻覚剤LSDの開発で知られる。マジックマッシュルームの幻覚性成分の特定にも成功した。

ホフマン(August Wilhelm von Hofmann)

[1818~1892]ドイツの有機化学者。コールタールからアニリンを発見するなど、タール染料工業の基礎を築いた。また、アリル化合物やホルムアルデヒドなどの研究でも業績をあげた。

ホフマン(Johann Joseph Hoffmann)

[1805~1878]ドイツの東洋語学者。シーボルトの助手として日本語を研究する一方、中国人について中国語を学んだ。ライデン大学の日本語教授となる。著「日本文典」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホフマン

ドイツの後期ロマン派の小説家,音楽家。父母の離婚後,廃人同様の母のもとで,音楽,特にモーツァルトに陶酔して育つ。プロイセンの判事となるがナポレオン軍の進入により失職。
→関連項目怪奇小説くるみ割り人形幻想文学コッペリア

ホフマン

オーストリアの建築家,工芸デザイナー。ウィーンでO.ワーグナーに学んだ後,1898年ゼツェッシオンを結成,1903年にはウィーン工房を設立した。建築設計のほか,諸芸術の融合を理想として,家具,什器(じゅうき)類,じゅうたんランプ等工芸のあらゆる面にわたって革新的なデザインを試みた。
→関連項目アール・ヌーボーウィーン工房ストックレー邸ドイツ工作連盟ロース

ホフマン

米国の化学者。ポーランド生れ。1958年コロンビア大学卒業,1963年分子軌道法の〈拡張ヒュッケル法〉を発表,1965年にはR.B.ウッドワードとともに,有機分子の反応性と分子軌道の対称性とを関係づけた〈ウッドワード‐ホフマン則〉を発見。

ホフマン

ドイツの有機化学者。初め哲学・法律を学び,のち化学に転じリービヒのもとで研究。1845年ロンドンの王立化学大学設立とともに招かれ以後20年間同校教授,1865年ベルリン大学教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ホフマン Hoffmann, Theodor Eduard

1837-1894 ドイツの医師。
1837年10月17日生まれ。ベルリン大などでまなぶ。新政府のドイツ医学採用で,明治4年(1871)B.ミュラーとともに来日。大学東校(東大医学部の前身)で内科学,病理学,薬物学をおしえた。のち宮内省にうつり,8年帰国。1894年4月1日死去。56歳。フリートベルク出身。

ホフマン Hohuman, Amerigo

1875-1945 オーストリアの砂防工学者。
明治37年(1904)東京帝大農科大学の教授としてまねかれ来日。砂防ダムを中心とするオーストリアの高山系砂防技術を日本に紹介した。42年帰国。享年70歳。

ホフマン Hoffmann, Johann Joseph

1805-1878 ドイツの日本学者。
1805年2月16日生まれ。1830年ベルギーアントワープでシーボルトにであい,その助手となり「日本」の編集,刊行に協力。1855年オランダのライデン大日本学初代教授となった。1867年日本語文法書「日本文典」をあらわした。一度も来日しないまま1878年1月19日死去。72歳。ビュルツブルク出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ホフマン

没年:1894.4.1(1894.4.1)
生年:1837.10.17
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人医師。フリードベルク生まれ。ベルリン大などで学び,内科学を修める。海軍軍医。明治4(1871)年,陸軍軍医のミュラーと共に最初のドイツ人教師として明治政府に高給をもって招かれる。大学東校(東大)で内科学,病理学を中心に,ときには薬物学をも教授した。ミュラーの権限が大きく,かつ年齢も13歳離れていたので,ややもするとその陰に隠れたが,穿胸術,肋骨切除の他,脚気研究を行い,日本医学についても論及した。7年秋より宮内省に勤務し,在日約4年で明治8年帰国。ベルリンで死去。

(長門谷洋治)

ホフマン

没年:1945(1945)
生年:1875
明治期に来日したお雇い外国人。オーストリア人技師。明治37(1904)年7月から42年6月まで東京帝大農科大学教師として招かれ,オーストリアの砂防治山技術を日本にはじめて伝えた。38年瀬戸市で林学科学生川添孝蔵の卒業論文の課題として造った施設(ホフマン工事)がその名残り。この工事の特徴は「植樹をせず山地の崩壊を自然にまかせ,流砂の止まるのを待つところ」にあった。しかしその後,このホフマンの考える土工的方法は採用されず,「堰堤を造るのは一時の応急手段,水源地に植樹して土砂の流出を止める」という土工と植樹を合わせた工法が定着した。帰国後ウィーン高等地産学校教授,イタリア国有林の長官に就任した。

(筒井迪夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ホフマン

ケーニヒスベルク大学で法律を専攻し、陪席判事高等裁判所の判事を本職とした。その傍ら、小説家や音楽評論家、作曲家としての顔ももった。大学時代に法律と並行してピアノ対位法を学び、司法修習生時代にはベ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ホフマン【August Wilhelm von Hofmann】

1818‐92
ドイツの有機化学者。ギーセン生れ。法律を学ぶつもりでギーセン大学に入学したが,リービヒの感化を受けて化学に転じ,リービヒの助手を経て,1845年ロンドンに新設された王立化学大学に招かれ,20年間教授をつとめる。65年ドイツへ呼び戻されてベルリン大学教授となり,そこで没するまで研究を続けた。アニリンの本体をきわめ(1843),アミン類をアンモニア型の有機化合物として体系づけた(1850)。そのほか,〈ホフマン則〉(1851),〈ホフマン分解〉(1881)の発見,フクシンの研究に基づく合成染料〈ホフマンバイオレット〉の合成(1863),酸アミド次亜塩素酸塩あるいは次亜臭素酸塩の作用でアミンに変える〈ホフマン反応〉の発見(1882)などの業績がある。

ホフマン【Ernst Theodor Amadeus Hoffmann】

1776‐1822
ドイツの小説家,また作曲家でもあった。東プロイセンのケーニヒスベルク(現,ロシアカリーニングラード)に生まれる。同地の大学で法律を学び,司法官の道を進むが,音楽と絵画に熱中,また遺伝的に神経症を背負う。1802年高等官として任官,しかしナポレオン軍侵攻の動乱で失職,08年以降,バンベルクその他で音楽指揮者をつとめ,音楽評論も執筆。それらの評論はロマン派的音楽把握の頂点をなすと同時に,近代的音楽批評の先駆となる。

ホフマン【Josef Franz Maria Hoffmann】

1870‐1956
オーストリアの建築家,工芸デザイナー。O.ワーグナーの弟子でウィーン分離派(ゼツェッシオン)の創立者の一人。1903年モーザーK.Moserとともにウィーン工房を設立し,建築,室内装飾,家具調度品の多方面にわたる創作活動をし,アール・ヌーボー以後のデザインに深い影響を与えた。代表作ストックレー邸(ブリュッセル,1905‐11)には画家クリムトらが協力し,合理主義建築の空間造形をふまえながら細部には豊かな装飾を残している。

ホフマン【Johann Joseph Hoffmann】

1805‐78
ドイツのビュルツブルク生れのオランダ人で,初期の日本学者。1830年アムステルダムP.F.vonシーボルトに会ってその助手となり,のちライデン大学教授として日本学の講座を担当した。彼はシーボルトの大作《日本》(1832‐51)の編集・刊行に協力したほか,日本書のオランダ訳の刊行にも尽力したが,とくにその著《日本文法Japansche Spraakleer》(1867)は,この方面における画期的な労作として記憶さるべきものである。

ホフマン【Theodor Eduard Hoffmann】

1837‐94
ドイツの医師で,御雇医師としてL.B.C.ミュラーとともに1871年来日した。ブロツワフ,ベルリンの両大学に学び,トラウベL.Traubeについて内科学を修めた。海軍軍医となり,普仏戦争のため当初の予定より来日が2年遅れた。日本がドイツ医学を採ることを決したときの最初の招聘(しようへい)者の一人で,東校(東京大学医学部の前身)で内科学,病理学,薬物学などを教授した。74年より宮内省御雇に転じ,翌75年帰国した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホフマン【Hoffmann】

〔Ernst Theodor Amadeus H.〕 (1776~1822) ドイツの小説家・作曲家・司法官。ロマン主義の興隆期に幻想的な小説をはじめ、オペラ・絵画など多分野で活躍。小説「悪魔の霊薬」「牡猫ムルの人生観」、童話「黄金の壺」、オペラ「ウンディーネ」など。
〔Johann Joseph H.〕 (1805~1878) ドイツの日本学者。シーボルトの助手として「日本」の編集に協力。ライデン大学で日本学の教授となる。著「日本文法」
〔Josef H.〕 (1870~1956) オーストリアの建築家。ウィーンのゼツェシオンを結成。代表作にブリュッセルのストックレー邸などがある。
〔Roald H.〕 (1937~ ) ポーランド生まれのアメリカの物理化学者。有機化合物分子を量子力学の立場から研究し、その化学反応の機構を理論的に解明した。
〔Theodor Eduard H.〕 (1837~?) ドイツの海軍軍医。1871(明治4)~75年滞日。ドイツ医学輸入のためミュラーとともに招かれ、大学東校で教える。国民病であった脚気の研究にも尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホフマンの言及

【化学工業】より

…コークスや石炭ガス需要が増大するにつれ,それまで廃物として取扱いに困っていたコールタールを有効に利用することが考えられるようになった。A.W.vonホフマンを中心にコールタールの分析が進み,芳香族炭化水素であるベンゼンが発見された。1856年には弟子の一人であるW.H.パーキンが,ベンゼンからアニリン染料〈モーブ〉を合成するのに成功した。…

【コールタール】より

…昔は木材の防腐剤などの用途しかなかったが,コールタールの成分に関する化学的研究が進むにつれ,その工業的な利用の道がしだいに開かれ,19世紀から20世紀前半にかけては,コールタールを中心とする石炭化学は有機合成化学工業の花形として不動の地位を占めていた。 コールタールの化学成分の研究を回顧すれば,1819年にA.ガーデンがナフタレンを発見,また45年にA.W.vonホフマンがベンゼンの分離に成功したのをはじめとして,56年にはW.H.パーキンがコールタールから初めてふじ色の染料モーブ(アニリン紫)の合成に成功した。これらに続いて19世紀後半からは合成染料,医薬品工業が発展し,コールタールはその基礎原料として不可欠の重要な資源となったのである。…

【怪奇小説】より

…怪奇と超自然を栄養分とした文学は,人間精神を理性や道徳の枷(かせ)から解放し,想像力の自由なはたらきを助長した点で,ロマン派芸術運動の目覚めをもたらしたのである。例えば,ドイツではL.ティーク,E.T.A.ホフマン,J.C.F.シラーなどが,ゴシック・ロマンスに影響を受けた作品を多く発表した。ホフマンの《悪魔の霊液》(1815‐16)が,イギリスの作家M.G.ルイスの《修道僧》(1796)を下敷きにしていることは有名であるが,ホフマンの文学は逆にロベルト・シューマンなど,ドイツ・ロマン派の音楽家に構想の素材を提供した。…

【児童文学】より

…ベヒシュタインL.Bechsteinの《ドイツ童話の本》(1844)がそれにつづく。一方では,L.ティーク,ブレンターノ,F.de la M.フケー,E.T.A.ホフマンが不思議な物語を手がけ,その流れから創作としてぬきんでたW.ハウフの《隊商》(1826)が生まれた。T.シュトルムやA.シュティフターにも子どもに向く作品はあるが,レアンダーR.Leanderの《フランス風暖炉のそばの夢想》(1871)とザッパーA.Sapperの《愛の一家》(1906)が大きな収穫となった。…

【ホフマン物語】より

…フランスの作曲家J.オッフェンバックが作曲したプロローグとエピローグをもつ3幕のオペラ。J.バルビエとM.カレーの台本により,ドイツ・ロマン派の作家で作曲家のE.T.A.ホフマンの小説のいくつかから自由に題材をとって作られている。主人公のホフマンを中心に三つの恋の物語を展開するという筋で,ニュルンベルクのとある酒場を舞台に繰り広げられる。…

【ロボット】より

…人間が機械から区別される要因は,魂や理性をもつことにもとめられたが,18世紀にはこれすら機械的な本質をもつとする考え方も生じた。 これらの動向を背景に19世紀に入ると,文芸の方面でE.T.A.ホフマンの《砂男》(1816)に機械の舞姫オリンピアが登場する。また,M.シェリーの《フランケンシュタイン》(1818)の怪物は,人間や動物の死体の不細工な寄集めだが,この作品は,擬似科学的な書きぶりと,人間のつくったものが人間に反逆するというSFの基本テーマをふまえている点で,正統的なロボット文芸の始祖と目される。…

【ロマン主義】より

… ドイツでは,1770年ころからフランスの文化支配を脱し,啓蒙主義に対抗して個人の感性と直観を重視する反体制的な文学運動シュトゥルム・ウント・ドラング(疾風怒濤)が展開されたが,そのほぼ20年後にシュレーゲル兄弟,ティーク,シュライエルマハーらによって提唱されたロマン主義文学理論は,この運動の主張を継承し,フランス古典主義に対抗するものとしてのロマン主義を明確に定義づけ,古代古典文学の再評価とドイツに固有の国民文学の創造を主張した。フィヒテやヘーゲルの観念論哲学と密接な関係をもったドイツ・ロマン主義文学は,自我の内的活動の探究,夢と現実あるいは生と死の境界領域の探索,イリュージョンの形成と自己破壊(アイロニー)などを主題とするきわめて観念論的かつ神秘主義的な色彩を帯び,ノバーリス,J.P.リヒター,ホフマンらの幻想的な作品を生み出した。 フランスにおけるロマン主義は,ルソー以来の前期ロマン主義の精神風土の上に,スタール夫人のドイツ文学理論の紹介《ドイツ論》や,ゲーテやバイロンの作品の翻訳の刺激を受けて,両国に比べやや遅れて始まったが,よりいっそう激しい華やかな展開を見せた。…

【ロマン派音楽】より

… 上記の認識自体,ロマン主義芸術観の所産であった。ティークE.T.A.ホフマンら多くの作家が,音楽のうちに詩(ポエジー)の究極的理想像をみている。したがって音楽にロマン主義が浸透すると,それが果たす役割は他の芸術に比べても著しいものがあった。…

【ウィーン工房】より

…19世紀末に,全欧を巻き込んだ新しい芸術創造を目ざす気運の一環としてゼツェッシオン(分離派)が組織されたが,その理念の工芸面における実践を図ろうとしてつくられた。1903年ウィーンの建築家J.ホフマンやモーザーKolo(man) Moser(1868‐1918)らによってウィーン分離派所属の工芸品製作所として設立。05年独立の工房となり有能な美術家と工芸家をともに擁し,建築,室内装飾,家具,織物,ガラス細工,陶器,金銀細工,皮革,宝石,レース,ししゅう,本の装丁,喫煙具に至るまで新しいデザインを凝らして製作し,工房マークの〈W.W.〉を記し,さらにその販売組織をもって当時の流行を大きく支配した。…

【デザイン】より

…同時にそれは社会・経済的には,資本主義が〈レッセフェール(自由放任主義)〉から制限された方向に向かうことに対応していた。またウィーンのゼツェッシオン(分離派),とくに建築家J.ホフマンらを中心に1903年設立されたウィーン工房は,機能性と直線の合理性を強調し,建築と工芸各分野で近代の新しい造型を目ざしたが,いまだ装飾芸術の範囲にとどまっていた。装飾性を切り捨て,生産主義,機能主義に立つ近代デザインの思想が現れてくるのは,イギリスの住宅の調査から機能主義をひきだした建築家ムテジウスHermann Muthesius(1861‐1927)によるドイツ工作連盟Deutscher Werkbundの設立(1907。…

【日本研究】より

… 来日せず日本を論じた学者としてはまずルネサンスのフランス人文学者G.ポステルがあり,《東インド会社遣日使節紀行(モンタヌス日本誌)》(1669)を書いたオランダの宣教師モンタヌスArnoldus Montanus(1625‐83),上記のシャルルボアがある。シーボルトの助手を務めたJ.J.ホフマンは1835年ライデン大学教授となり,40年に《千字文》,42年に浅野高蔵の《和漢年契》のオランダ語訳,48年には上垣守国の《養蚕秘録》のフランス語訳をパリとトリノで出版,67年には《日本文法》を出し日本学に多大の寄与をしたが,1848年に柳亭種彦の《浮世形六枚屛風》を訳し,72年《万葉研究》を刊行,78年オーストリア学士会員となったフィッツマイヤーAugust Pfizmaier(1808‐87)と同じく,来日はしていない。中国学Sinologyが早く確立したフランスでも,中国学者S.ジュリアンの弟子ロニーLéon de Rosny(1837‐1914)は日本研究に移り,1863年からパリ東洋語学校で日本語を教え始め,68年から正規となったこの講座の教授を1907年まで務めたが,来日はしなかった。…

【医学】より

…たとえば,ハーベーの血液循環論は,静脈内に直接薬物を注入すれば,内服や外用よりはいっそう早く全身へ運ばれるであろうという期待を生み,1660‐70年にかけて,血液をはじめ種々の物質の注入が患者に対しても試みられ,多くの事故を生んだ。また物理的医学派の一人F.ホフマンは,身体の単位的な構成要素としての繊維という概念に達し,あらゆる機能を,この繊維の緊張・弛緩によって説明し,病気は,それぞれのゆきすぎ状態としての過緊張か低緊張,あるいは無緊張であると理論的に単純化したうえで,過緊張に対してはアヘンを,低緊張に対しては酒精(スピリッツ)を処方すべきであると主張し,多くの賛同者を得た。化学的医学派としては,パラケルススJ.B.vanヘルモントF.シルビウスらがいる。…

【ミュラー】より

…ハイチ国に招かれたのち普仏戦争に従軍,陸軍軍医正となる。1869年,日本はドイツ医学の採用につき同国に教師の派遣を依頼したが,普仏戦争で来着が遅れ,71年(明治4)にミュラーと,彼が選んだ13歳年少のT.E.ホフマンの2人が来日した。ミュラーは文部卿のすぐ下にあって,他の日本人の指示を受けない絶大な権力をもって医学教育と診療にあたり,予科3年,本科5年の本格的な医育制度を推進した。…

※「ホフマン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホフマンの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホフマンの関連情報