コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラモキソン Gramoxone

デジタル大辞泉の解説

グラモキソン(Gramoxone)

除草剤パラコートの一種。致死性が高く犯罪などに悪用されたため、催吐剤・着色剤を添加している。→パラコート

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

グラモキソン【Gramoxone】

ビピリジニウム系除草剤の商品名で,一般名としてパラコートが用いられる。イギリスのICI社が,同系列の除草剤,ジクワットにひきつづいて,1950年代に開発した除草剤である。非選択的,非ホルモン系除草剤で,茎葉散布により接触的に殺草作用を示す。土壌表面で容易に吸着,不活性化するので,果樹園の下草の除草,非農地の除草に適し,水稲刈取り後のミズガヤツリ,マツバイの除草にも用いられる。この薬剤は,光合成の明反応系から生ずる励起電子により還元を受け,さらに空気中の酸素により酸化されてもとの構造にもどる際に,生体内に過酸化物が生じ,これが殺草作用の原因となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のグラモキソンの言及

【除草剤】より

…作物の栽培に害を与える雑草の防除に用いられる薬剤。古くは農業における雑草の防除は主として人力によって行われていたが,省力化のため除草剤の開発に対する要求が高まり,その開発研究が急速に進められた。除草剤として無機塩を用いる試みもなされたが,合成オーキシ(植物ホルモンの一種,〈オーキシン〉の項目を参照)の活性を追究する過程で,2,4‐ジクロロフェノキシ酢酸(2,4‐D)が低濃度では強力なオーキシン活性を,また高濃度では殺草活性を示すことが見いだされ,除草剤の開発研究に新しい局面が展開することになった。…

※「グラモキソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラモキソンの関連キーワードビピリジニウム系除草剤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android