コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラヤノトキシン グラヤノトキシン grayanotoxin

1件 の用語解説(グラヤノトキシンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グラヤノトキシン(grayanotoxin)

レンゲツツジアセビネジキなどツツジ科の植物に含まれる毒成分。摂取すると、めまいや嘔吐(おうと)などの中毒症状が現れる。茎や葉・花のほか蜜にも含まれ、蜂蜜から検出されることがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグラヤノトキシンの言及

【有毒植物】より

…ギリシアの歴史家クセノフォンの記録には,兵士たちがツツジ科植物に由来する蜂蜜をなめて狂乱しある者は死んだ,と書かれている。アセビを馬酔木と書くのも葉をたべたウマが酔ったようになるからで,ともに中枢神経を興奮の後に麻痺させるグラヤノトキシンを含むためである。ドクニンジンも中枢および運動神経末梢を麻痺させる成分コニインを含有し,ソクラテス処刑に用いられた。…

※「グラヤノトキシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グラヤノトキシンの関連キーワード霧島躑躅躑躅日陰躑躅蓮華躑躅米躑躅五葉躑躅丹躑躅穂躑躅レンゲツツジつつじが丘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラヤノトキシンの関連情報