コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラレアヌス Glareanus

1件 の用語解説(グラレアヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グラレアヌス【Glareanus】

1488‐1563
スイス音楽理論家,人文主義者。本名ロリティHeinrich Loriti。ケルン大学で哲学,神学,数学のほか音楽を学び,1512年には皇帝マクシミリアン1世から桂冠詩人の称号を授与される。その後バーゼルフライブルクなどで詩学,神学,古典文学を教授しながら,古代・中世の文芸と音楽理論を研究。エラスムスと親交を結び,宗教的には反宗教改革の立場を固持した。主著《ドデカコルドンDodekachordon》(1547)は古代・中世の理論的伝統に立脚,ボエティウスやガフリウスを踏まえて,特に教会旋法の理論に大きく貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

グラレアヌスの関連キーワード真然比丘尼戦国時代(日本)毛利隆元三河一向一揆大分県のヒラメ養殖平成新山喜望峰十才子富樫政親日親

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone