コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラレアヌス Glareanus

世界大百科事典 第2版の解説

グラレアヌス【Glareanus】

1488‐1563
スイスの音楽理論家,人文主義者。本名ロリティHeinrich Loriti。ケルン大学で哲学,神学,数学のほか音楽を学び,1512年には皇帝マクシミリアン1世から桂冠詩人の称号を授与される。その後バーゼルフライブルクなどで詩学,神学,古典文学を教授しながら,古代・中世の文芸と音楽理論を研究。エラスムスと親交を結び,宗教的には反宗教改革の立場を固持した。主著《ドデカコルドンDodekachordon》(1547)は古代・中世の理論的伝統に立脚,ボエティウスやガフリウスを踏まえて,特に教会旋法の理論に大きく貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グラレアヌスの関連キーワードバス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android