コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短音階 たんおんかい minor scale

翻訳|minor scale

6件 の用語解説(短音階の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短音階
たんおんかい
minor scale

音楽用語。全音階の一種で,音階の第3音が主音と短3度を形成する音階。基本形である自然的短音階は第2音と3音,5音と6音が短2度を形成する。しかし,この音階は上行導音をもたないため第7音を半音高めることがある (和声的短音階) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たん‐おんかい【短音階】

全音階のうち、主音と第3音とが短3度をなす音階。第6音および第7音の違いによって、自然的短音階和声的短音階旋律的短音階の3種がある。⇔長音階

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

短音階【たんおんかい】

西洋古典音楽の音階の一つ。長音階の対。短調を構成している音からなる音階,つまり,第2音と第3音の間,第5音と第6音の間の音程は半音で,他は全音の音階。これを自然的短音階というが,実際の音楽では,旋律的短音階と和声的短音階が使用される。
→関連項目音階長音階

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たんおんかい【短音階 minor scale】

短調の音階。短旋法ともいう。イ音上の全音階のオクターブ(イ・ロ・ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ)で最も単純に表される。長調【土田 英三郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんおんかい【短音階】

西洋音楽で常用される二種の七音音階の一。階名でラを主音とする。ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラと並ぶ自然的短音階を基本形とし、やや変形した旋律的短音階と和声的短音階が多く使われる。 ↔ 長音階短調

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

短音階
たんおんかい
minor scale英語
Molltonleiterドイツ語

全音階の一つで、長音階に相対するもの。音階の第三度に短三度をもつことを特徴とする。短音階には次の3種がある。(1)自然的短音階 教会旋法エオリア旋法に由来するもので、全音階的なもの。(2)和声的短音階 自然的短音階の第七音を半音高めて、上向導音の形としたもの。(3)旋律的短音階 上行進行において第六音と第七音を半音高め、下行進行においては自然的短音階と同じ形をとるもの。[南谷美保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の短音階の言及

【音階】より

…ギリシア旋法および中世の教会旋法と近世の音階との違いは,これらの旋法が本質的には同一の基本的な音列から,オクターブをいろいろに切り取ったものにほかならない点にある。そして近代ヨーロッパの長・短音階はつねに最低音を主音としているのに反し,ギリシア旋法にはそれぞれに主音はなく,全部の種属に対してメセmeseと呼ばれる1個の中心音があっただけである。また中世の旋法では正格旋法は音階の最低音を主音としたが,変格旋法はその音列の第4音を主音とした。…

【長調】より

…また近代の機能和声にあっては,トニカ(主和音),ドミナント(属和音),サブドミナント(下属和音)の三つの主要和音がいずれも長3和音であれば長調,短3和音であれば短調ということができる。このような音階の形をそれぞれ長旋法(あるいは長音階),短旋法(あるいは短音階)といい,例えばハ長調はハ音上の長旋法,ハ短調はハ音上の短旋法である。ただし短調では,上述の自然的短調のほかに,和声的要求から第7度音が半音上げられて主音への導音となることで属和音のみ長3和音となる場合(和声的短調),さらに旋律的要求から上行時に第6度音も半音上げられて下属和音も長3和音を構成する場合(旋律的短調)がしばしばある。…

※「短音階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

短音階の関連キーワード西洋音楽史短調近代音楽西洋音楽東洋音楽洋楽器エスタンピ西洋造テデウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

短音階の関連情報