コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グランデルグオクシデンタル砂漠 グランデルグオクシデンタルさばくGrand Erg Occidental

1件 の用語解説(グランデルグオクシデンタル砂漠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グランデルグオクシデンタル砂漠
グランデルグオクシデンタルさばく
Grand Erg Occidental

西部大砂漠ともいう。アルジェリア中部の砂丘を伴った砂漠。サハラ砂漠の一部で,東のグランデルグオリエンタル砂漠 (東部大砂漠) と対称関係にある。かつてはアトラス山脈を水源として,アハガル山地まで流れていた古代のサウーラ川の灌漑していた流域にあり,その範囲はサウーラ川から北東へ 600kmも延びている。ゴーララ,トゥアト,ティディケルトなどのオアシスを含み,その周辺には定住民も多い。エルグは砂丘のある砂漠を意味するアラビア語

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone