エルグ(英語表記)erg

翻訳|erg

百科事典マイペディアの解説

仕事エネルギーのCGS単位。記号erg。物体に1ダインの力が作用して力の方向に1cm動かす間にその力がなす仕事。1エルグ=10(-/)7J。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

仕事またはエネルギーの単位で,記号はerg。1erg=10-7Jである。CGS単位であるので,国際単位系(SI)の単位と併用しないほうがよい。1ergは物体に1dynの力が働いて1cm動かしたときの仕事に等しいとされている。すなわち1erg=1dyn・cmである。【大井 みさほ】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

CGS 単位の一。仕事またはエネルギーの単位。1ダインの力が物体に作用して、その方向に1センチメートルだけ動かす間にその力のなす仕事。一エルグは 10-7J(ジュール)。記号 erg  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単位名がわかる辞典の解説

エネルギーのCGS単位。記号は「erg」。1ergは1ダインの力を加えて、物体を1cm動かすのに必要なエネルギー量。SI単位系との関係は、1ergが1000万分の1ジュールに等しい。◇名称は、仕事を意味する古代ギリシア語の、エルガーシアにちなむ。

出典 講談社単位名がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CGS単位系の仕事の単位。記号はergである。大きさ1ダインの力が、その力の方向に物体を1センチメートル動かすときの仕事をいう。1ジュールの1000万分の1にあたる。1873年にイギリス学術協会から提案されたもので、名称は「働く」という意味のギリシア語に由来する。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (erg) (ergon 「仕事」から作った語) エネルギーおよび仕事のCGS単位。一ダインの力が物体にはたらいてその方向に一センチメートル動かす間にその力がする仕事。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

エネルギーおよび仕事の単位の一種.記号 erg.国際単位系(SI単位)では

1 erg = 10-7 J
と定義されている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエルグの言及

【砂漠】より

… 砂漠は地形・地質的に見て砂砂漠,礫(れき)砂漠,岩石砂漠に区分できる。砂砂漠は起伏の少ない広大ないわば砂の海原で,サハラ砂漠西部で用いられているエルグergの語が一般に使われる。エルグの平均的な面積は約20万km2で,アラビア半島のルブー・アルハーリー・エルグは56万km2以上を占める。…

【サハラ砂漠】より

…サハラの代表的自然景観として砂(すな)砂漠,台地砂漠,山岳砂漠の三つがある。砂砂漠は細砂が風により盆地などの低地に集まり,エルグergとよぶ砂丘列を形成しているもので,東部大砂丘,西部大砂丘などがある。エルグは砂漠の典型のように思われているが,サハラでは総面積の14%を占めるにすぎない。…

【ジュール】より

…1lの水の温度を1℃あげるのに必要な熱量は約1000calであり,ジュールを用いれば約4190Jとなる。CGS単位系のエルグ(erg)とは,1J=107ergの関係にある。【大井 みさほ】。…

【ジュール】より

…1lの水の温度を1℃あげるのに必要な熱量は約1000calであり,ジュールを用いれば約4190Jとなる。CGS単位系のエルグ(erg)とは,1J=107ergの関係にある。【大井 みさほ】。…

※「エルグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android