コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アハガル山地 アハガルサンチ

5件 の用語解説(アハガル山地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アハガル‐さんち【アハガル山地】

Massif Ahaggar》アルジェリア南部、サハラ砂漠にある山地。玄武岩質の火山性の台地で、乾燥と浸食による奇岩の風景が広がる。最高峰タハト山。かつてはスーダン地中海を結ぶ隊商路が通っていた。南側に同国南部の中心都市タマンラセット、東側に岩絵で知られるタッシリナジェールがある。ホガール山地ホガル山地

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アハガル山地【アハガルさんち】

アラビア語ではホガールアルジェリア南部,サハラ砂漠中部の火山性の山塊。最高峰タハト山(2918m)。北東部にはタッシリ・ナジェール遺跡がある。また,古くからのサハラ交易のルートにあたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アハガルさんち【アハガル山地 Ahaggar Plateau】

北アフリカ,アルジェリア南部のサハラ砂漠にある火山性の山地。ホガール山地Hoggar Plateauともいう。タハトTahat山(2918m)が最高峰。乾燥地特有の浸食により月世界のような景観を呈している。山地東部のタッシリ・ナジェールには数千年前サハラが緑であった頃の岩壁画が残っている。古くからこの山地を通り地中海沿岸とスーダン地方を結ぶ隊商ルートがあった。西側をサハラ縦断道路が通りタマンラセトには空港もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アハガル山地
アハガルさんち

ホガール山地」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アハガル山地
あはがるさんち
Massif Ahaggar

北アフリカ、アルジェリア南部の中央サハラ砂漠にある山地。ホガルHoggar山地ともよばれる。花崗(かこう)岩や片岩の基盤岩類を貫いて噴出した玄武岩からなる火山性の台地で、最高峰のタハト山は2918メートルである。年降水量は250ミリメートル以下で、山地周辺には多くのワジが形成されている。住民はトゥアレグ系のケルアハガル人で、タマンラセットのオアシスがこの地域の中心集落である。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アハガル山地の関連キーワードアルジェリア北アフリカサヘルサハラブラックアフリカホワイトアフリカ阿爾及サブサハラアフリカタッシリナジェールタハト山

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone