グランド・オダリスク

デジタル大辞泉プラスの解説

グランド・オダリスク

フランスの画家ドミニク・アングルの絵画(1814)。原題《La grande odalisque》。『横たわるオダリスク』とも呼ばれる。トルコ王室の後宮(ハレム)の女性を古典主義的な作風で描いたもの。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グランド・オダリスクの関連情報