コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラール グラール Goulart, João

2件 の用語解説(グラールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラール
グラール
Goulart, João

[生]1918.3.1. リオグランデドスル
[没]1976.12.6. アルゼンチンメルセデス
ブラジルの政治家。大牧場主の子。ポルトアレグレ大学卒業。同郷の G.D.バルガス大統領に信頼され政界入りした。 1946年州議会議員,50年連邦下院議員,52年ブラジル労働党議長を経て,53~54年バルガス政権の労働・通産相となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラール
ぐらーる
Joo Belchior Marques Goulart
(1918―1976)

ブラジルの政治家。リオ・グランデ・ド・スール州の牧場主の息子として生まれる。28歳のときバルガスの部下として政界入りし、1952年にはブラジル労働党の党首となり、バルガス政権の労働大臣を務めた(1953~1954)。クビチェック、クアドロス両政権の副大統領となり(1956~1961)、クアドロス辞任後、軍部の強い抵抗を排して大統領に就任した(1961年9月)。在任中、親労働者階級的な政策を行ったが、インフレの高進や政府の財政危機、左翼運動の激化など不安定が続き、1964年3月末軍部のクーデターでついに失脚した。その後国外に亡命してアルゼンチンで客死した。[加茂雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラールの関連キーワードリオグランデリオグランデ川ビブリオグラフィーコリオグラフィーリオグランジドノルチリオグランデドスルリオグランデドノルテコリオグラファーリオ・グランデ・ド・スル[州]リオグランデ・シトリン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラールの関連情報