コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリハルバ川 グリハルバがわRío Grijalva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリハルバ川
グリハルバがわ
Río Grijalva

グアテマラ西部とメキシコ東部を流れる川。グアテマラ南西部,マドレ (ソコヌスコ) 山脈に源を発したのちメキシコに入り,同山脈から流下する多くの支流を集めながらチアパス州をほぼ北西流,マルパソ人造湖を経て北へ流れを変え,カンペチェ湾南岸の低地に出る。同低地を北,東,北東に流れ,最下流部で東から流れてきたウスマシンタ川の主分流と合流し,フロンテラの下流でカンペチェ湾に注ぐ。全長約 650km,このうち河口から約 100kmと中流,上流の一部が小舟により航行可能。中流部はチアパ Chiapa,メスカラパ Mezcalapa,下流部はタバスコ Tabascoの名で呼ばれることもある。沿岸主要都市はビヤエルモサ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グリハルバ川の関連キーワードトゥストラグティエレスグアテマラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android