コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリースバハ Griesbach, Johann Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリースバハ
Griesbach, Johann Jakob

[生]1745.1.4. ブーツバハ
[没]1812.3.24. イェナ
ドイツの新約聖書学者。イェナ大学新約聖書学教授 (1775~1812) 。共観福音書にみられる平行記事の研究を通して,伝統的な「依存説」 (マルコはマタイ,ルカによって書かれた) の順序を逆転させるとともに聖書本文批判の分野でも,公認本文と異なる批判的本文を作成して出版 (2巻,75~77) ,後代の研究の基礎を据えた。主著"Symbolae criticae ad supplendas et corrigendas variarum NT lectionum" (2巻,85~93) ,"Commentarius criticus in textum Graecum NT" (2巻,93~81) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グリースバハの関連キーワードコンラート[パルザーム]エルツベルガー

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android