コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリースバハ Griesbach, Johann Jakob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グリースバハ
Griesbach, Johann Jakob

[生]1745.1.4. ブーツバハ
[没]1812.3.24. イェナ
ドイツの新約聖書学者。イェナ大学新約聖書学教授 (1775~1812) 。共観福音書にみられる平行記事の研究を通して,伝統的な「依存説」 (マルコはマタイ,ルカによって書かれた) の順序を逆転させるとともに聖書本文批判の分野でも,公認本文と異なる批判的本文を作成して出版 (2巻,75~77) ,後代の研究の基礎を据えた。主著"Symbolae criticae ad supplendas et corrigendas variarum NT lectionum" (2巻,85~93) ,"Commentarius criticus in textum Graecum NT" (2巻,93~81) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グリースバハの関連キーワードコンラート[パルザーム]エルツベルガー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android