コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グルニア Gournia

1件 の用語解説(グルニアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グルニア【Gournia】

エーゲ海南部,クレタ島東部のメラベロ湾に近いミノス文明の遺跡。小さい丘の全体を占めた地方都市で,前17,前16世紀に栄えた。約1万5000m2にわたって発掘され,町の全体の姿をあらわした珍しい遺跡で,ミノス文明ポンペイといってよい。見晴しのよい高所に宮殿とよばれる建物があるが,クノッソス宮殿の小模型にすぎず,この地方の総督の住居であろう。多くの部屋,倉庫,中庭もあるが,つまびらかにできない。その南に接して広場があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グルニアの関連キーワードエーゲ海エーゲ文明クレタ島ミロス島Ελούνταスピナロンガ島ドヌッサ島サモス土レムノス土

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone