コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレコ=ラテン方陣 グレコ=ラテンほうじんGreco-Latin square

1件 の用語解説(グレコ=ラテン方陣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレコ=ラテン方陣
グレコ=ラテンほうじん
Greco-Latin square

2つの n 次のラテン方陣を重ね合せたときに,n×n の正方形の各ますに現れる n2 個の順序ある記号の組が全部異なる場合 (この2つの方陣は互いに直交するという) ,重ね合せて生じた配列をグレコ=ラテン方陣またはオイラーの方陣という。組合せ論における計画の理論として研究され,また統計学における検定法にも応用される。ながらく n が奇数の2倍の場合には存在しないと信じられていたが (オイラーの予想) ,1957年に,n=2 と6以外の場合には,常に可能なことが示された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone