コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検定法 けんていほう testing hypothesis

1件 の用語解説(検定法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けんていほう【検定法 testing hypothesis】

数理統計学における基本的方法の一つ。正確には統計的仮説検定法という。1組のデータが与えられたとき,それがある特定の分野に従う母集団からの標本である,という仮説がデータと矛盾しないかどうかをみる方法。仮説が正しいとき,標本がその中に入る確率が小さくなるような範囲(棄却域)を定めて,データがそこに入れば仮説は正しくないものとして棄却する。【竹内 啓】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

検定法の関連キーワードF分布推測統計学t分布点推定統計学破墨エンゼルプラン統計分析有明海及び八代海の再生に関する基本方針財部静治

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検定法の関連情報