コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検定法 けんていほうtesting hypothesis

世界大百科事典 第2版の解説

けんていほう【検定法 testing hypothesis】

数理統計学における基本的方法の一つ。正確には統計的仮説検定法という。1組のデータが与えられたとき,それがある特定の分野に従う母集団からの標本である,という仮説がデータと矛盾しないかどうかをみる方法。仮説が正しいとき,標本がその中に入る確率が小さくなるような範囲(棄却域)を定めて,データがそこに入れば仮説は正しくないものとして棄却する。【竹内 啓】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

検定法の関連情報