コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検定法 けんていほうtesting hypothesis

世界大百科事典 第2版の解説

けんていほう【検定法 testing hypothesis】

数理統計学における基本的方法の一つ。正確には統計的仮説検定法という。1組のデータが与えられたとき,それがある特定の分野に従う母集団からの標本である,という仮説がデータと矛盾しないかどうかをみる方法。仮説が正しいとき,標本がその中に入る確率が小さくなるような範囲(棄却域)を定めて,データがそこに入れば仮説は正しくないものとして棄却する。【竹内 啓】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

検定法の関連キーワードジャージー ネイマンミクロバイオアッセイグレコ=ラテン方陣R. ダルベッコエリスロポエチンクリオスコープ法長谷川 孝三免疫学的検定二重盲検法エライザ法微生物定量ネイマン行動科学産子検定ピアソンベインワルド均質性F検定薬理学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

検定法の関連情報