コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレゴリオス・パラマス Grēgorios Palamas

1件 の用語解説(グレゴリオス・パラマスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グレゴリオス・パラマス【Grēgorios Palamas】

1296ころ‐1359
ギリシアの神学者。静寂主義(ヘシュカスモス)の擁護者。おそらくコンスタンティノープル生れ。早くから修道生活に志し,1318年ころアトス山(アトス)に入り,静寂主義に親しんだ。26年にテッサロニケで聖職につき,再びアトス山に戻った。37年にはカラブリア出身の修道士バルラアムBarlaamが提起した静寂主義論争にまきこまれた。バルラアムは神学上の問題からさらに進んで,アトス山の静寂主義者たちのヨーガに似た特殊な修行方法を攻撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のグレゴリオス・パラマスの言及

【ヘシュカスモス】より

…それに対して,南イタリアのカラブリア出身で,西方神学の素養のある修道士バルラアムBarlaamが,14世紀前半に,ヘシュカスモスには異端の疑いがあるとして激しく攻撃し,大論争となった。首都コンスタンティノープルの知識層はバルラアムを支持したが,神学者でテッサロニケ大主教をつとめたグレゴリオス・パラマスがヘシュカスモスを擁護した。この問題をめぐって7回の主教会議が開かれ,政治的な配慮もあって,最終的にはパラマスの立場が勝利を得て,ヘシュカスモスは公式に認められた。…

※「グレゴリオス・パラマス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

グレゴリオス・パラマスの関連キーワードフィロズシャーフィルズシャー除法慈厳坂の上の雲三菱重工業神戸造船所王応麟覚園寺チェンライアナーニ事件

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone