グレン ヒューズ(英語表記)Glenn Hughes

現代外国人名録2012の解説

グレン ヒューズ
Glenn Hughes


国籍
英国

専門
ロック・ベース奏者

グループ名
旧グループ名=ディープ・パープルDeep Purple

出身地
ミッドランド地方キャノック

経歴
1969年トラピーズ結成にあたりボーカル兼ベースとして参加、主に米国で活動する。’73年ライブを見に来ていた英国のハードロック・バンド、ディープ・パープルのジョン・ロードらに認められ、ベーシストとして同バンドに移籍。バック・ボーカルも務め、’74年発表のアルバム「紫の炎」の表題曲では、専任ボーカルのデービッド・カバーデールのバックで高音域を生かしたソウルフルな歌唱を聞かせ、「ハイウェイ・スター」「スモーク・オン・ザ・ウォーター」と並ぶパープルの代表曲となった。’76年バンド解散とともにソロとなり、’82年パット・スロールとヒューズ&スロールを組んで活動するが、’80年代は酒や薬物に依存するすさんだ生活を過ごす。’91年から治療に専念。’94年「フロム・ナウ・オン」で復活を果たしてからはソロでの活動を活発化させ、同年来日公演も行う。2002年元レインボーのボーカリスト、ジョー・リン・ターナーとともにヒューズ・ターナー・プロジェクトを結成。2005年ブラック・サバスのトニー・アイオミとの共作でアルバム「ヒューズド」を発表。他のソロアルバムに「フィール」「ソウル・ムーヴァー」「ミュージック・フォー・ザ・ディヴァイン」がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android