コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーワッケ

百科事典マイペディアの解説

グレーワッケ

硬砂岩とも。灰色または灰緑色で緻密(ちみつ)な砂岩。チャートや堆積岩などの多量の岩石片を含み,全体の15%以上が雲母・粘土鉱物などの固結物からなる。岩片は角ばったものが多く,粒子のふるい分けが悪い。
→関連項目砂岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーワッケ

硬砂岩」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のグレーワッケの言及

【砂岩】より

…アルコースarkoseとは長石,石英を多量に含むアレナイトで,花コウ岩や片麻岩地帯から運ばれてできた砂岩をいう。グレーワッケgreywackeは泥質基質を多く含み,灰色で堅硬な砂岩をいう。アルコースが造山時に形成されるのに対して,グレーワッケは地向斜期にタービダイトとして形成されると考えられてきた。…

※「グレーワッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

グレーワッケの関連キーワードタービダイト陽起石

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android