コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーワッケ

2件 の用語解説(グレーワッケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グレーワッケ

硬砂岩とも。灰色または灰緑色で緻密(ちみつ)な砂岩。チャート堆積岩などの多量の岩石片を含み,全体の15%以上が雲母・粘土鉱物などの固結物からなる。岩片は角ばったものが多く,粒子のふるい分けが悪い。
→関連項目砂岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーワッケ
グレーワッケ

硬砂岩」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグレーワッケの言及

【砂岩】より

…アルコースarkoseとは長石,石英を多量に含むアレナイトで,花コウ岩や片麻岩地帯から運ばれてできた砂岩をいう。グレーワッケgreywackeは泥質基質を多く含み,灰色で堅硬な砂岩をいう。アルコースが造山時に形成されるのに対して,グレーワッケは地向斜期にタービダイトとして形成されると考えられてきた。…

※「グレーワッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グレーワッケの関連キーワード硬玉硬砂岩東根笹和泉石梅の樹苔蜂蜜蛾牛の毛草破色スレート硬砂岩ブチア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone