グレーワッケ

百科事典マイペディアの解説

グレーワッケ

砂岩とも。灰色または灰緑色で緻密(ちみつ)な砂岩。チャートや堆積岩などの多量の岩石片を含み,全体の15%以上が雲母・粘土鉱物などの固結物からなる。岩片は角ばったものが多く,粒子のふるい分けが悪い。造山輪廻(りんね)のうち地向斜の末期に形成される地層フリッシュに普通に見られるとされた。最近はあまり用いられない。
→関連項目砂岩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のグレーワッケの言及

【砂岩】より

…アルコースarkoseとは長石,石英を多量に含むアレナイトで,花コウ岩や片麻岩地帯から運ばれてできた砂岩をいう。グレーワッケgreywackeは泥質基質を多く含み,灰色で堅硬な砂岩をいう。アルコースが造山時に形成されるのに対して,グレーワッケは地向斜期にタービダイトとして形成されると考えられてきた。…

※「グレーワッケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android