コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬砂岩 こうさがん graywacke

翻訳|graywacke

4件 の用語解説(硬砂岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬砂岩
こうさがん
graywacke

砂岩の分類上の一タイプグレーワッケともいう。最初ドイツハルツ山地に産する砂岩の名称であったが,砂岩の分類名として広く用いられるようになった。砂粒は円磨度が悪く,石英のほかに運搬作用などに対して不安定な岩石片,長石,有色鉱物を多く含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐さがん〔カウ‐〕【硬砂岩】

暗灰色・暗青灰色の硬い砂岩。砂粒は角ばった岩石片や長石・有色鉱物など。グレーワッケ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

硬砂岩

ドイツのハルツ地方の鉱山で用いられた語で,この地方の暗灰色から黒色の硬いKulm砂岩に用いられた[Lasius : 1789].英国では18世紀末に使われるようになり,一般に異なった粒度で頁岩粘土で膠結された砂岩に用いた[Schmeisser : 1794, Jameson : 1804-1805].その後レオナルドは岩石が混合した鉱物組成であることを明らかにした[Leonhard : 1823].細粒の岩屑のマトリクスをもち分級の悪い砂岩で,鉱物と岩石の破片が混合したものである[Dot : 1964, Pettijohn, et al. : 1972].ドイツ語のgrauは灰色,wackelnは揺れる,不安定などの意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうさがん【硬砂岩】

岩片や泥質の基質を多く含む淘汰度の悪い砂岩。グレー-ワッケ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硬砂岩の関連キーワードバリスカン造山運動払いハルツ山脈ドッペ・るなは・るゲーテの冬のハルツの旅への断章ワッケコリムワッケ杏仁状熔岩バールセン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone