コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グングニル Gungnir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グングニル
Gungnir

北欧神話の最高神オーディン武器の投槍。ロキ地底に住む黒侏儒たちにつくらせ,オーディンに献上したといわれる。この投槍は,オーディンによって戦場の上に投じられると,戦いの勝敗がただちに決する魔法の武器で,その穂先にかけて誓った言葉は,決して破ってはならないとされていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

グングニル

《Gungnir》架空の武器のひとつ。北欧神話の主神オーディンが持つ槍。決して的を外さず、敵を打ち倒した後はひとりでに持ち主のもとに戻るとされる。「グングネル」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のグングニルの言及

【オーディン】より

…バルハラでは戦死した勇士たちが集められ世界の終末の巨人族との決戦にそなえ武事にいそしむ。オーディンは8本脚の馬スレイプニル,槍グングニル,9夜ごとに同じ量の腕輪を滴らす黄金の腕輪ドラウプニルをもつ。巨人ブルの身体から全世界を作ったため〈万物の父〉と称される。…

※「グングニル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android