魔法(読み)まほう

精選版 日本国語大辞典「魔法」の解説

ま‐ほう ‥ハフ【魔法】

〘名〙
① 魔力で怪しく不思議なことを行なう術。魔術。妖術。〔文明本節用集(室町中)〕
※俳諧・桃青門弟独吟廿歌仙(1680)卜宅独吟「さらば魔法で霞ませませうか 目の前に有るよと見れば雪消えて」
② キリスト教から見て、異教の人々の教えや掟。
※信心録(ヒイデスの導師)(1592)二「ゼンチョ ノ mafô(マホウ) ニワ ゼンニン トユウ コトワ イササカモ ナキ モノ ナリ」
③ 本来の姿を外れたもの。
※談義本・成仙玉一口玄談(1785)三「神通自在を得む為に、仏道でも仙道でも学ぶは是魔法(マハウ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「魔法」の解説

【魔法】まほう

妖術。

字通「魔」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の魔法の言及

【魔術】より

…すなわち呪物や呪文を用いて超自然的な現象を起こさせると信じられている方術。(3)〈魔法〉。いいかえれば,人間が内なる可能性を完全に開発して,人間を超える存在と接触したり,その存在になりきったりする超越の方法。…

※「魔法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android