コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グンデシャープール Gunde‐shāpūr

1件 の用語解説(グンデシャープールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

グンデシャープール【Gunde‐shāpūr】

イラン南西部のフージスタン州にあったササン朝ペルシア時代の都市。260年,シャープール1世ローマ軍捕虜を植民して建設した。その後西方から来住するものが絶えず,ギリシアの学術が移入され,医学校や病院が設立された。またインド医学も伝えられ,東西文化交流の拠点となった。641年イスラムに占領されジュンディーシャープールJundīshāpūrと呼ばれたが,その研究施設やペルシア語文献,シリア語文献のアラビア語翻訳を通じて,アラビア科学の成立に重要な貢献を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グンデシャープールの関連キーワードコンスタンツジスカールデスタンシーラーズレジスタンスウエスタンバルチスタンベヒスタンガイランゲルシリコントランジスタルリスタン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone