コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グースリ gusli

世界大百科事典 第2版の解説

グースリ【gusli】

ロシアの撥弦楽器チター型弦楽器に属し,この国では最も古い起源をもち,ロシアの吟遊詩人がブイリーナの伴奏に用いたといわれる。ひざの上に胴をのせ,右手にピックを持って弦をはじいて音を出し,左手で音を消す。翼形,兜形,箱形の3種がある。翼形は北西ロシアに多くみられ,全音階的な5~14弦をもち,フィンランドの同じチター型の弦楽器カンテレと似ている。兜形は南東ロシアに広がっていて,やや大きく,10~36弦をもち,タタールチュバシなどの同種の楽器と類似している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android