グースリ(英語表記)gusli

世界大百科事典 第2版の解説

グースリ【gusli】

ロシアの撥弦楽器チター型弦楽器に属し,この国では最も古い起源をもち,ロシアの吟遊詩人ブイリーナ伴奏に用いたといわれる。ひざの上にをのせ,右手にピックを持ってをはじいて音を出し,左手で音を消す。翼形,兜形,箱形の3種がある。翼形は北西ロシアに多くみられ,全音階的な5~14弦をもち,フィンランドの同じチター型の弦楽器カンテレと似ている。兜形は南東ロシアに広がっていて,やや大きく,10~36弦をもち,タタールチュバシなどの同種の楽器と類似している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android