コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケイ岩 けいがんquartzite

翻訳|quartzite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケイ岩
けいがん
quartzite

ケイ質岩の総称として用いられることもあるが,狭義には次のケイ質岩をさす。(1) 砂質,特にアルコース質の堆積岩源のホルンフェルス石英,長石よりなり,グラノブラスチック組織。ガラス光沢を呈する。先カンブリア時代の変成岩に多い。(2) 粒間が完全に石英でうずめられた,堅くて緻密なケイ質岩。これは砂岩がケイ化作用を受けたもの。(3) 微晶質の石英質砂岩。ケイ岩がチャートと同義語として用いられたこともあったが,今日ではあまり使用されない。なお,俗称火打石は,広義のケイ岩にあたる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケイ岩の関連キーワードアンドルエロアール県エディアカラ動物群オーソコーツァイトマクドネル山脈メガラヤ[州]ブラジル高原ケイ(珪)石ハルツ山地高津戸渓谷羊頭窪遺跡鳥形山鉱山津久見鉱山大台ヶ原山縞状鉄鉱層メサビ山地星野遺跡氷川鉱山天藍石五色浜両神山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android