コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケテルビー Ketèlbey, Albert William

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ケテルビー

イギリスの作曲家。指揮者としても活動した。ヴィクトリア女王奨学金を得てロンドンのトリニティー・カレッジで作曲を学んだ。入学前の11歳の時には、自作のピアノ・ソナタを公開演奏している。教会のオルガニス ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケテルビー
けてるびー
Albert William Ketlbey
(1875―1959)

イギリスの作曲家。バーミンガム近郊のアストンに生まれる。13歳のときビクトリア女王奨学金を得てロンドンのトリニティ・カレッジで音楽を学ぶ。その後、オルガニスト、ミュージカル・コメディ一座の指揮者、レコード会社の音楽ディレクター、音楽出版社の編集者などを務める。作品には、コミック・オペラ、管弦楽曲、室内楽曲などがあるが、なかでも『修道院の庭にて』『中国の寺院の庭にて』そして『ペルシアの市場にて』(1920刊)などの大衆的な管弦楽曲で成功を収め、晩年はワイト島で悠々自適の生涯を送った。これらの通俗的描写曲は、いわゆるセミ・クラシックの名曲として広く親しまれている。[寺田兼文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ケテルビーの関連キーワードペルシャの市場にて8月9日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android