ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝)(読み)ケハダヒザラガイ(英語表記)Acanthochiton defilippii

世界大百科事典 第2版の解説

ケハダヒザラガイ【ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝) Acanthochiton defilippii】

背面に刺毛の束が並ぶ多板綱ケハダヒザラガイ科の軟体動物。体は楕円形で,長さ4.8cm,幅3.7cm,背面の膨らみは弱く,背面中央にはやや小さい貝殻が8枚前後に重なりあって並んでいる。中間の6枚の殻は黒みがあり,前方が狭くなり三角形状になっており淡黄色の1対の縞が前後に連なっている。肉帯という他の部分は黒みがかり,小さいとげが全面に密に生えているが,殻の左右に平行して鋭いとげの束が9個ずつ前後に並んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android