コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝) ケハダヒザラガイ Acanthochiton defilippii

1件 の用語解説(ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ケハダヒザラガイ【ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝) Acanthochiton defilippii】

背面に刺毛の束が並ぶ多板綱ケハダヒザラガイ科の軟体動物。体は楕円形で,長さ4.8cm,幅3.7cm,背面の膨らみは弱く,背面中央にはやや小さい貝殻が8枚前後に重なりあって並んでいる。中間の6枚の殻は黒みがあり,前方が狭くなり三角形状になっており淡黄色の1対の縞が前後に連なっている。肉帯という他の部分は黒みがかり,小さいとげが全面に密に生えているが,殻の左右に平行して鋭いとげの束が9個ずつ前後に並んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝)の関連キーワード鮫肌多板類荒肌ざら紙膝皿膝の皿膝骨松毛虫火皿貝日晒し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone