コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケファルサバ ケファルサバKefar Sava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケファルサバ
Kefar Sava

イスラエル中西部,地中海沿岸のシャロン平野南部の都市。聖書に記録はないが,タルムード (ユダヤ教聖典) のなかにはあり,非常に古い集落といえる。現在の都市は 1903年に創設され,沼沢地の排水用にアーモンド,オリーブ,ユーカリの木が植林された。その後,数多くの困難や戦乱を経て 22年に再建され,柑橘類の栽培の中心となり,缶詰,アルミニウム加工などの軽工業がある。人口5万 6500 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ケファルサバの関連キーワードシャロン平原

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android