ケペル港(読み)ケペルこう(英語表記)Keppel Harbour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケペル港
ケペルこう
Keppel Harbour

シンガポール最大の港。シンガポール島南岸にあり,シンガポール海峡にのぞむ。背後をセントサ島,ブラニ島に守られ,水深の大きい良港である。 1819年イギリスの支配下に入り,中継貿易港として東南アジアの香辛料,ヨーロッパの鉄と綿布,中国の絹と陶器,インドのアヘンなどを扱った。 19世紀後半からはマレー半島の貿易の大半を扱い,スズ,ゴムを輸出。 20世紀後半からは中東の石油の中継港として重要となった。 1960年代からはマレーシア,インドネシアが直接貿易を増大させたため中継港の役割は減少したが,シンガポールの工業化に伴い工業製品の輸出がふえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android