コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケマル Kemal, Orhan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケマル
Kemal, Orhan

[生]1914. セイハン
[没]1970
トルコの作家。本名 Mehmet Reşat Öǧütçü。父は国会議員。中学校卒業後,アダナで綿花工場の労働者,事務員として働いた。兵役中,反政府的言動のため3年半投獄され,1940年頃から社会主義リアリズムの立場をとった小説,戯曲,シナリオを発表,名声を得た。小説『肥沃な大地の上で』 Bereketli Topraklar Üzerinde (1954) ,『ストライキ』 Grev (54) 。

ケマル
Kemal, Yaşar

[生]1923. ヘミテ
[没]2015.2.28. イスタンブール
トルコのクルド系作家。本名 Kemal Sadik Gogceli。5歳のとき父が殺され,自身は事故で片目を失明した。アダナの中等学校を中途退学後,綿摘み労働者などさまざまな職業を経験した。1950年に政治活動で捕えられたが釈放され,翌 1951年にイスタンブールに移り,『共和国』Cumhuriyet紙の記者となる。優れたルポルタージュが認められアナトリア支局長に抜擢され,1963年まで勤めた。その間の 1955年に中編小説の "Teneke"と『やせっこメメッド』İnce Memedを発表。代表作となった『やせっこメメッド』は 20を上回る言語に翻訳され,ノーベル文学賞の候補にもあげられた。1984年に映画化。1962年にトルコ労働党の党員となり,1967年に左翼系週刊政治雑誌 "Ant"を創刊,1971年に当局に逮捕された。ほかに,三部作の "Ortadirek"(1960),"Yer demir, gök bakir"(1963),"Ölmez otu"(1968)などがある。作品には,故郷チュクロバ平原の人々の問題がトルコ民衆叙事詩の伝統をいかして生き生きと描き出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ケマルの関連キーワードハリデ・エディプ・アドゥバルエブッスウト・エフェンディギリシア・トルコ戦争ケマル・アタチュルクケマル・アタチュルクアタチュルク森林農園シェイヒ・サイトの乱アタテュルク国際空港イスメット イノニュアフメト・ミトハトセイディ・ヌルシーケマルアタチュルクメフメト・アーキフアブデュルアジーズトルコの政教分離ジャービト・ベイフェリト・パシャローザンヌ条約サカリヤ[川]アタチュルク廟

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケマルの関連情報