コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーブルクレーン cable crane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーブルクレーン
cable crane

特定間隔の支持塔の間に張られたワイヤロープの上をトロリーが走行する形式のクレーン。ダム工事などの場合に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ケーブルクレーン

相対する塔間に張り渡したロープ上に,フックをつり下げたロープトロリーを横行させるクレーン。一方の塔側に機械装置を備える。両塔固定のもの,両塔または一方が走行可能のもの,塔の先端が左右に揺動するものなどの種類がある。
→関連項目クレーン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のケーブルクレーンの言及

【クレーン】より

…(4)その他の形式 立体自動倉庫では,ラックとラックの間を走行し,指定番地の荷を出し入れする自動運転のスタッカークレーンが用いられる。数百mのスパンのクレーンの形として,桁の代りにワイヤロープを張り渡したケーブルクレーンがあり,主としてダム建設工事に用いられる。
[クレーンの構成要素]
 (1)鋼構造部分 桁,脚,ブームなど鋼構造部分の各部には種々の力がかかるが,設計では,荷の重量やクレーンの自重のほかに,各種の慣性力や風荷重などを含む最大の負荷のもとでの破断や降伏に対する安全度(静的強度という)と,負荷の繰返しに対する疲労強度の検討を行う。…

※「ケーブルクレーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ケーブルクレーンの関連キーワードクレーン(起重機)田子倉ダム荷役機械

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android